岸田繁が京都市交響楽団に30分を超える交響曲を書き下ろし

2016/05/16 16:40

 京都出身のロックバンド、くるり。ヴォーカル・ギターをつとめる岸田繁が、京都市交響楽団へ30分を超える交響曲を書き下ろすことが明らかとなった。

あわせて読みたい

  • 岸田繁「交響曲第二番」初演、東名京で開催

    岸田繁「交響曲第二番」初演、東名京で開催

    Billboard JAPAN

    8/3

    『岸田繁「交響曲第一番」初演』配信スタート! ドキュメント収録のトレーラーも公開

    『岸田繁「交響曲第一番」初演』配信スタート! ドキュメント収録のトレーラーも公開

    Billboard JAPAN

    5/24

  • くるり、新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」など収録EPリリース

    くるり、新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」など収録EPリリース

    Billboard JAPAN

    5/6

    Aimer フルオーケストラを従えたコンセプトライブ開催! 東京にはスロヴァキア国立放送交響楽団

    Aimer フルオーケストラを従えたコンセプトライブ開催! 東京にはスロヴァキア国立放送交響楽団

    Billboard JAPAN

    3/23

  • 岸田繁(くるり)、NHK京都放送局&『くるり電波』に書き下ろしたオーケストラによる楽曲完成

    岸田繁(くるり)、NHK京都放送局&『くるり電波』に書き下ろしたオーケストラによる楽曲完成

    Billboard JAPAN

    3/28

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す