デヴィッド・ボウイを称えパニック!アット・ザ・ディスコ、収益をがん研究へ寄付

 5枚目のアルバム『DEATH OF A BACHELOR / ある独身男の死』のリリースを1月15日に控え、12日にロンドンにあるO2アカデミーでコンサートを行ったパニック!アット・ザ・ディスコが、デヴィッド・ボウイの死を受け、同夜のマーチャンダイズの売り上げ全額をイギリスのがん研究チャリティ団体、Cancer Research UKへ寄付したようだ。


 バンドは同慈善行為をツイッターで発表。「ロンドンの皆さん、デヴィッド・ボウイを称えて今夜売り上げたマーチャンダイズの収益を100%、Cancer Research UKに寄付します」と綴っている。


 また、パニック!アット・ザ・ディスコはコンサート中、「ボヘミアン・ラプソディ」のカバーのエンディングでデヴィッド・ボウイの「オー!ユー・プリティ・シング」を少し披露していた。




◎パニック!アット・ザ・ディスコ・ツイッター・アカウント
https://twitter.com/PanicAtTheDisco?ref_src=twsrc%5Etfw


◎Panic! At The Disco cover David Bowie's 'Oh You Pretty Things'
https://www.youtube.com/watch?v=DPMpRazI0jA

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック