“キース・アーバンのこれまで” カントリー・ミュージック殿堂博物館で展示

Billboard JAPAN

 カントリー・ミュージック殿堂博物館の新たな展示会は、カントリー・スターであるキース・アーバンの、母国オーストラリアから“ミュージック・シティ”ナッシュビルにたどり着くまでの道のりにフォーカスしたものになることが明らかになった。


 “Keith Urban So Far(キース・アーバンのこれまで)”と名付けられた同展示会は、11月20日より催され、思い出の品々や楽器、子供時代の記録などを通して同カントリー界の大物グローバル・アンバサダーの歴史を紹介するという。


 【グラミー賞】受賞歴のあるキース・アーバンは、1999年にセルフタイトルのデビュー・アルバムをリリース。今までにトータル2,000万枚以上のアルバムを売り上げている。展示されるアイテムには、フェンダーの1989年製テレキャスターをはじめ、初のNo.1ヒット曲で弾いたLevinson Bladeのエレキギター、デビュー・アルバムのカバーアートで着たシャツ、手書きのメモなどが展示される予定だ。


 展示会“Keith Urban So Far”は来年5月まで開催される。

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック