“白人至上主義的”と批判浴びるテイラー・スウィフトの新MV、アジア人監督が弁護

2015/09/03 16:10

 アフリカで撮影されたテイラー・スウィフトの最新ミュージック・ビデオに対し“白人至上主義的だ”との批判があがっており、同ビデオでメガホンをとったジョゼフ・カーン監督が弁護した。ちなみに、これまでにもスウィフトの「ブランク・スペース」や「バッド・ブラッド」を手掛けている同監督はアジア人だ。

あわせて読みたい

  • テイラー・スウィフト、【VMA】で初公開予定の新MVをチラ見せ

    テイラー・スウィフト、【VMA】で初公開予定の新MVをチラ見せ

    Billboard JAPAN

    8/25

    米で広がる白人至上主義 その背景に「白人の地位低下」と「オバマ」

    米で広がる白人至上主義 その背景に「白人の地位低下」と「オバマ」

    dot.

    11/11

  • テイラー・スウィフト、新MV「ニュー・ロマンティックス」を公開

    テイラー・スウィフト、新MV「ニュー・ロマンティックス」を公開

    Billboard JAPAN

    4/7

    テイラー・スウィフト、黒髪にエリザベス・テイラー風衣装の新MV公開

    テイラー・スウィフト、黒髪にエリザベス・テイラー風衣装の新MV公開

    Billboard JAPAN

    8/31

  • 津田大介「差別主義者に『NO!』を突きつけたIT業界」

    津田大介「差別主義者に『NO!』を突きつけたIT業界」

    週刊朝日

    8/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す