【深ヨミ】劇場版『ラブライブ!』シングル3週連続リリースの初週売上げ比較 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【深ヨミ】劇場版『ラブライブ!』シングル3週連続リリースの初週売上げ比較

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【深ヨミ】劇場版『ラブライブ!』シングル3週連続リリースの初週売上げ比較

【深ヨミ】劇場版『ラブライブ!』シングル3週連続リリースの初週売上げ比較

 7月27日付Billboard JAPAN週間セールスシングルチャート“Top Singles Sales”の1位は、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』からの3枚目のシングル、μ's / 高坂穂乃果(新田恵海)、南ことり(内田彩)、園田海未(三森すずこ)『僕たちはひとつの光 / Future style』がNMB48を抑えて1位になった。


 『僕たちはひとつの光 / Future style』は、劇場版『ラブライブ! The School Idol Movie』の挿入歌シリーズ第3弾。映画のロングヒットもあり、リリース初週売上げ9.7万枚を上げて、μ'sはこの作品でBillboard JAPANシングルチャートで2作目のNO.1となった。それでは、SoundScan Japanのセールスデータから映画挿入歌シリーズ3作の初週売上げを整理してみよう。


『Angelic Angel / Hello,星を数えて』8.3万枚
『SUNNY DAY SONG / ?←HEARTBEAT』8.6万枚
『僕たちはひとつの光 / Future style』9.7万枚


 『SUNNY DAY SONG / ?←HEARTBEAT』は、三代目JSB『Summer Madness』に及ばず2位となったが他2作は1位になっており、また3作とも初週売上げで高い数字を出している。売上げ枚数もリリースを追うごとに増加していることから、映画公開期間に新たにファンを獲得したと推測される。そして、8月5日には同映画のサントラ『Notes of School Idol Days ~Curtain Call~』のリリースが控えている。映画音楽作品の集大成とも言えるこのサントラがアルバムチャートを賑わすことは間違いないだろう。


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい