【ビルボード】『ラブライブ!』コラボ第3弾BiBi楽曲がアニメチャート制覇、田村ゆかりは3位に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】『ラブライブ!』コラボ第3弾BiBi楽曲がアニメチャート制覇、田村ゆかりは3位に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】『ラブライブ!』コラボ第3弾BiBi楽曲がアニメチャート制覇、田村ゆかりは3位に

【ビルボード】『ラブライブ!』コラボ第3弾BiBi楽曲がアニメチャート制覇、田村ゆかりは3位に

 今週のBillboard JAPAN Hot Animationは人気コンテンツ『ラブライブ!』より絢瀬絵里(南條愛乃)、西木野真姫(Pile)、矢澤にこ(徳井青空)によるユニット、BiBiの「冬がくれた予感」が首位の座に着いた。


 アニメにゲームに大ヒットを記録する『ラブライブ!』。本作は『スクールアイドルフェスティバル』コラボシングルの第3弾であり、その最終作。おなじみのゲーム内で使用できる限定 覚醒済みSR1枚が入手できるシリアルコードが付属とパッケージに大きな魅力をつけ圧倒的なセールスポイントを獲得。しかし、デジタルでも根強いポイントを積み重ねており、特典だけがヒットの要因でなく、楽曲自体の人気も高いことが分かる。


 2位には、引き続き映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌の秦基博「ひまわりの約束」がチャートイン。同曲を収録したアコースティック・アルバム『evergreen』も昨年11月のリリースから今週までアルバムチャート“Top Albums”で9週チャートインとロングセールスを記録中だ。


 田村ゆかり「あのね Love me Do」はアニメ作品ノンタイアップで3位に初登場。昨年2月リリースの「秘密の扉から会いにきて」から久しぶりの新曲。首位獲得はならなかったが、パッケージ、エアプレイ共に高ポイントを獲得しており、変わらぬ人気を維持している。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい