警官による黒人少年射殺事件でヒップホップが本来の姿へ

2014/09/01 17:22

 米ミズーリ州ファーガソンで黒人少年マイケル・ブラウンが警官に射殺された事件を受け、ラッパーたちが曲を通じ彼らの“声”を発し始めた。抑圧され不公平に対する人々の“声”を伝えるといった、本来持っていたヒップホップの原点へと向かっているのだ。

あわせて読みたい

  • 【BETヒップホップ・アワード】警官の残忍行為への意見飛び交う

    【BETヒップホップ・アワード】警官の残忍行為への意見飛び交う

    Billboard JAPAN

    9/20

    レディー・ガガ、警官による黒人少年射殺事件に抗議ツイート

    レディー・ガガ、警官による黒人少年射殺事件に抗議ツイート

    Billboard JAPAN

    8/9

  • ニック・ジョナスが2億円の共和党大会出演オファーを断っていた

    ニック・ジョナスが2億円の共和党大会出演オファーを断っていた

    Billboard JAPAN

    8/1

    ジャスティン・ビーバーの期間限定ショップ明日まで、DJキャレドが米アルバム・チャート首位略奪、DNCEが洋楽チャート1位:今週の洋楽まとめニュース

    ジャスティン・ビーバーの期間限定ショップ明日まで、DJキャレドが米アルバム・チャート首位略奪、DNCEが洋楽チャート1位:今週の洋楽まとめニュース

    Billboard JAPAN

    8/15

  • J.コール、アメリカ南部の黒人たちの姿を捉えた監督作がYouTubeで公開

    J.コール、アメリカ南部の黒人たちの姿を捉えた監督作がYouTubeで公開

    Billboard JAPAN

    5/2

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す