プールイ率いるLF松 BiS解散後初ワンマン大盛況「日本武道館へ」 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

プールイ率いるLF松 BiS解散後初ワンマン大盛況「日本武道館へ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
プールイ率いるLF松 BiS解散後初ワンマン大盛況「日本武道館へ」

プールイ率いるLF松 BiS解散後初ワンマン大盛況「日本武道館へ」

 横浜アリーナでの【BiS解散LIVE BiSなりの武道館】にて解散した異端児アイドルグループ BiS。そのリーダーであったプールイ率いる新バンド LUI◇FRONTiC◆松隈JAPANが、7月27日 渋谷GARRETにてワンマンライブ【ジャポニカ逆襲ライブ】を開催した。

LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN キュートなライブ写真一覧


<まさかのEvery Little Thing「Dear My Friend」カバー>


 直前まで券売に苦戦していた同公演(http://bit.ly/WL0E7t)だが、最後の追い上げで会場は見事満員状態。メンバーでありながらライブにはあまり登場しなかったサウンドプロデューサー/リーダー 松隈ケンタも参加し、序盤からテンペスト竹内がギターを弾きながら背面サーフする等、フルメンバー全員掛かりで観客を煽り倒す。また、中盤では、ライブ観てやりたくなったというだけの理由で、Every Little Thing「Dear My Friend」をカバーし、プールイ(vo)は「ありがとう、持田香織でした! (モッチーじゃなく)プッチーだね」と、とにかくゴキゲン。


<「日本武道館へプールイを連れて行きましょうよ!」>


 BiSマネージャーとしてプールイを支えてきたアノ男らしきラッパー(MCワター改めMC社長)も登場。さらに松隈ケンタが「常によく分かんなく始まった中でも乗り越えてね、頑張って、常にプールイは最終的には素晴らしい景色を見せてくれると思わない? だから私はこのプロジェクトに参加しました。会場のお客さんもそうやって集まってきました。スタッフさんもいっぱいいて、なんか混乱してるけど、みんな頑張ってプールイを盛り立てようとしてくれています。だから日本武道館へプールイを連れて行きましょうよ!」と語れば、男性陣だけで「好き好きプールイ」なるインスト曲を熱演と、大人たちがプールイを懸命に支援する姿も印象的だった。


<「皆さん、また一緒に夢を追いかけてくれますか!?」>


 また、プールイもこの日は饒舌で「アイドルからロックバンドになったじゃん? アイドルは決まったことが多い。でもBiSはそれを破って、みんなもそれが好きだったじゃん。アイドルがやらないことをやるから好きって言ってたけど、バンドになって好き勝手やろうとすると「バンドはそんなことやらないよ」みたいな(笑)。だからそれをLFではね、変えていきたいですよね。元アイドルみたいな立ち位置だから出来ることもあると思うんですよ、逆にね。許されることも多いと思うし。なので、皆さん、また一緒に夢を追いかけてくれますか!?」と問いかければ、大歓声がかえってくる。


<一度は諦めた夢に再び向かっていく理由>


 最後はメンバーが次々と客席へ飛び込んでいき、プールイもまさかの背面サーフを決め、腕に軽傷を負いながらも誇らしげに拳を振り上げる。BiS解散による喪失感や、またイチから始めなくてはならない徒労感、そうしたネガティブな感覚に襲われることも少なくないであろう日々の中で、変わらず応援してくれる人々が一堂に会した事実、光景。それは彼女が一度は諦めた夢に再び向かっていく理由としては十分だった(http://amba.to/X7O7uW)。


 ソロ、BiSに続くプールイプロジェクト第3章“LUI◇FRONTiC◆松隈JAPAN”はまだ始まったばかり。その物語を体感したい人は、まずは現在開催中、自身の誕生日8月20日まで続く42日間連続『JAPONiCA!!2』予約インストアマラソン(フリーライブ多数)の会場に足を運んでみてほしい。


取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:内山直也


トップにもどる billboard記事一覧


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい