今年の“音楽と環境のフェス”は故ピート・シーガーを称えるものに 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

今年の“音楽と環境のフェス”は故ピート・シーガーを称えるものに

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

 この夏のハドソン川の【クリアウォーター・フェスティバル】は、フォークシンガー、ピート・シーガーの生涯を祝うものになるそうだ。


 シーガーは妻トシの死からわずか7か月後の今年1月、94歳で亡くなった。


 同夫妻は、ハドソン川の保護を目的とした組織“ハドソン・リバー・スループ・クリアウォーター”や、音楽と環境のフェスティバル【クリアウォーター・フェスティバル】を1960年代に立ち上げた。6月21日、22日にクロトン・オン・ハドソンで開催される今年の同フェスティバルではシーガー夫妻の遺産を称えると、フェス主催者は伝えている。


 今年はルシンダ・ウィリアムス、ノラ・ジョーンズ、ルーファス・ウェインライトなどが出演する。


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい