14歳の大型新人 kahoが『Quick Japan』の表紙&特集に大抜擢 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

14歳の大型新人 kahoが『Quick Japan』の表紙&特集に大抜擢

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
14歳の大型新人 kahoが『Quick Japan』の表紙&特集に大抜擢

14歳の大型新人 kahoが『Quick Japan』の表紙&特集に大抜擢

 11月27日にシングル『every hero / Strong Alone』でデビューする弱冠14歳の女性シンガーソングライター kaho(カホ)が、カルチャー誌『Quick Japan vol.110』で表紙と特集に起用される異例の大抜擢を受けていることがわかった。


 東京生まれでオーストラリアに在住し、両親の影響で若くからスティービー・ワンダーやマイケル・マクドナルドをはじめ、様々な音楽に触れて育ったという彼女。また、6歳のときに母親の見よう見まねでピアノを弾き始め、9歳で父からプレゼントされたボイスレコーダーを使って作曲活動を開始するなど、幼少のころより非凡な才能を発揮していたという。


 さらに、デビュー作に収録されたタイトル曲の1つ「every hero」は、10月15日よりスタートする堀北真希主演のフジテレビ系新ドラマ『ミス・パイロット』の主題歌に。かつて宇多田ヒカルのヘアメイクを担当していた父 金原宜保氏の繋がりで、彼女も手掛けた三宅彰がプロデューサーを担当と方々から大きな期待を寄せられる大型新人だ。


 なお、今回の『Quick Japan vol.110』特集記事では、正真正銘の人生初インタビューを掲載。音楽への熱い気持ちや生い立ち、デビューまでの経緯からプライベートまで本人の言葉で語られている。そして“kahoとの遭遇”と題した記事の中では、吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー)、いしわたり淳治(作詞家・音楽プロデューサー)、古屋兎丸(マンガ家)、九龍ジョー(ライター)、内澤研(スタイリスト)、エリイ(Chim↑Pom)、オノツトム(写真家)といった面々による、kahoの音源を聴いての寄稿も。本誌は10月12日に発売される。




◎シングル『every hero / Strong Alone』
2013/11/27 RELEASE
SRCL-8409 1260円(tax in.)


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい