AERA dot. 5th anniversary

シグマ 14mm F1.8 DG HSM |Art

このエントリーをはてなブックマークに追加
赤城耕一アサヒカメラ#試用レポート

シグマ 14mm F1.8 DG HSM |Art

シグマ 14mm F1.8 DG HSM |Art


超広角でもF1.8の大口径

 異次元レンズと呼ぶには大げさかもしれないが、35ミリ判一眼レフ用の大口径14ミリ広角レンズだ。

 開放F1.8という驚きの明るさを誇るレンズで、その発表を聞いたとき、にわかには信じられなかった。これまで予想したこともなければ、期待もしていなかった。14ミリで大口径レンズを設計するなどありえないと考えていた。ニコンやペンタックス、ライカR、コンタックス用には15ミリ単焦点レンズは存在していたが、いずれも明るさはF3.5前後だった。

 F値が明るいぶん一眼レフのファインダーをのぞいただけでも十分な個性を感じるほど。至近距離では極端に被写界深度が浅くなり、大きな周辺光量低下があるからだ。

 とはいえ、純正のレンズと異なりカメラ側での収差補正が期待できないためレンズ単体の性能が求められる。歪曲収差、軸上色収差などの補正も万全。近年のシグマの技術開発力には本当に驚かされる。

 ただし、その使いこなしは容易ではない。

至近距離で絞り開放で撮影。これまで見たことのない新鮮、いや奇妙な写真が撮れる。ボケは個性的。周辺光量落ちは、ここでは補正していない●キヤノン EOS 5D MarkIII・AE(絞りf1.8・3200分の1秒・-0.3補正)・ISO400・AWB・RAW

至近距離で絞り開放で撮影。これまで見たことのない新鮮、いや奇妙な写真が撮れる。ボケは個性的。周辺光量落ちは、ここでは補正していない●キヤノン EOS 5D MarkIII・AE(絞りf1.8・3200分の1秒・-0.3補正)・ISO400・AWB・RAW



デザイン
キノコ形で第1面の曲率が大きく感動的に美しい。アートラインのレンズなので仕上げもよい。明るさのわりにはさほど大きく感じない

使用感・操作感
AF速度も速く動作は優秀。ボケを気にするレンズではないが、円形絞りを採用。とはいえ静止した被写体を開放絞りで撮影する場合は、ライブビューで追い込みたい

描写性
超広角になると周辺が引っ張られるような描写になることが多いが、このレンズはさほどでもない。歪曲収差もレンズ単体でしっかりと補正されている

◆赤城耕一

●焦点距離・F値:14ミリ・F1.8●レンズ構成:11群16枚(非球面レンズ3枚、FLDガラス3枚、SLDガラス3枚、非球面でSLDガラス1枚)●画角:114.2°●最短撮影距離:27センチ●最大撮影倍率:1:9.8●フィルター径:使用不可●マウント:シグマ、キヤノン、ニコン●大きさ・重さ:φ95.4×126ミリ・1120グラム●価格:税別21万9000円(税込実売18万9000円)●URL:http://www.sigma-photo.co.jp/


トップにもどる  試用レポート一覧


   試用レポート をもっと見る
このエントリーをはてなブックマークに追加