前作「ねこ」は全国で50万人動員! 岩合光昭の最新「猫」写真展開催 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前作「ねこ」は全国で50万人動員! 岩合光昭の最新「猫」写真展開催

アサヒカメラ
ギリシャ、ミコノス島(2012年) (C)Mitsuaki Iwago

ギリシャ、ミコノス島(2012年) (C)Mitsuaki Iwago

トルコ、イスタンブール(2012年) (C)Mitsuaki Iwago

トルコ、イスタンブール(2012年) (C)Mitsuaki Iwago

キューバ、コヒマル(2012年) (C)Mitsuaki Iwago

キューバ、コヒマル(2012年) (C)Mitsuaki Iwago

鹿児島県鹿児島市(2007年) (C)Mitsuaki Iwago

鹿児島県鹿児島市(2007年) (C)Mitsuaki Iwago

撮影中の岩合光昭さん (C)Hideko Iwago

撮影中の岩合光昭さん (C)Hideko Iwago

 動物写真の第一人者・岩合光昭の写真展「ねこ歩き」が5月29日、日本橋三越本店新館ギャラリーでスタートした。岩合は「猫」の写真展をたびたび開いてきているが、今回は最新作の海外の猫をはじめ、さまざまな猫の姿をたっぷりと見せてくれる。

 岩合は40年以上、猫を追い続けてきた。野生動物とは違って猫は人のくらしにとても身近な存在だ。「ネコの動きを見れば、ヒトの動きが見える」と岩合は語る。歴史的に見て、人の歩む道には猫もついてくる。そして、人の生き方やくらし方は、ともにくらす猫たちにも現れてくるのだ。

 展示では、岩合が近年訪れた国々で出会った猫、日本の猫、そして岩合にとって最も身近な、岩合家の猫たちを全3部で紹介している。

 第1章は「世界を歩く」。昨年から今年にかけて、岩合はギリシャのミコノス島、イタリアのパレルモ、トルコのイスタンブール、アメリカ、キューバを訪れた。人とくらす個性豊かな各国の猫たちの姿が楽しめる。初公開の最新作を中心に131点を展示。

 約10年をかけて、47都道府県の猫に出会った旅から作品を展示するのが、「日本を歩く」と題された第2章。猫好きには知られた「猫の聖地」をはじめ、さまざまな土地での猫たちとの出会いが67作にまとまった。美しい日本の四季を背景に、各地の猫たちが登場している。

 第3章では岩合ファンには知られた、あの猫たちも登場。初めて一緒にくらした「海ちゃん」、愛らしいだけでなく、どこか面白い「にゃんきっちゃん」、猫本来の習性を持った野性味あふれる「柿右衛門」、そして、最近岩合家に仲間入りをした「ケナ」。それぞれ強烈なキャラクターをもつ岩合家の家族たちを紹介している。

(*全3章の出展点数は、222「にゃんにゃんにゃん」となっている)


いわごう・みつあき
1950年東京都生まれ。19歳のときに訪れたガラパゴス諸島の自然の驚異に圧倒され、動物写真家の道を歩む。以来、地球上のあらゆる地域をフフィールドに、大自然と野生動物を撮り続けている。アサヒグラフの連載「海からの手紙」で第5回(1979年度)木村伊兵衛写真賞受賞。アフリカ・タンザニアに滞在し撮影した写真集『おきて』は世界的なベストセラーに。 2010年度より木村伊兵衛写真賞の選考委員。2012年からNHK BSプレミアム「岩合光昭の世界猫歩き」の番組撮影を開始した。

■岩合光昭写真展「ねこ歩き」
会場:日本橋三越本店新館7Fギャラリー
開催期間:2013年5月29日~2013年6月10日
営業時間:10時~18時30分(19時閉場)最終日は17時まで
住所:東京都中央区日本橋室町1-4-1
TEL:03-3241-3311
最寄り駅:三越前
※詳細はこちら

*関連イベント:5月29、30、31、6月1、2、8、9、岩合さんが登場するギャラリートークとサイン会を開催(各日2回、11時~、15時~)


トップにもどる

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい