坂井泉水さん(写真:株式会社ビーイング提供)
坂井泉水さん(写真:株式会社ビーイング提供)
この記事の写真をすべて見る
大黒摩季(おおぐろ・まき)/1992年「STOP MOTION」でデビュー。「DA・KA・RA」「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などのミリオンヒットを立て続けに放つ。2010年病気治療のためアーティスト活動を休業するも、2016年完全復活。今年デビュー25周年を迎え、47都道府県ツアー敢行中(写真:株式会社ビーイング提供)
大黒摩季(おおぐろ・まき)/1992年「STOP MOTION」でデビュー。「DA・KA・RA」「チョット」「あなただけ見つめてる」「夏が来る」「ら・ら・ら」などのミリオンヒットを立て続けに放つ。2010年病気治療のためアーティスト活動を休業するも、2016年完全復活。今年デビュー25周年を迎え、47都道府県ツアー敢行中(写真:株式会社ビーイング提供)

「Good-bye My Loneliness」「揺れる想い」などデビュー当時からZARDのヴォーカルとしてミリオンセラーを連発した坂井泉水さんだが、交友関係など私生活はほとんど明らかになっていない。しかし、デビュー前から親しい仲間がいた。2歳年下でバックコーラスとしてレコーディングに参加した同じビーイング所属のアーティストの大黒摩季さんだ。

【坂井さんが大黒さんに送ったプレゼントなどの写真はこちら】

*  *  *

「ねえ、摩季ちゃん~」

 坂井泉水さんがいたずらっぽい笑みで近づいてくると、大黒摩季さんはいつもビクッと緊張する。

<何かいけないことをしようとしているに違いない!>

 大黒さんの心の中で危険信号が点滅する。

「泉水ちゃん……、な……、なに?」
「私、ちょっと、行ってみたいレストランがあるんだけど」

 坂井さんは微笑みのままだ。

「えっ……、今、行くの……?」
「摩季ちゃんも一緒に、ね!」

 大黒さんと坂井さんは、マネージメントオフィスも所属レコード会社も同じビーイング。坂井さんは大黒さんより2歳年上だった。

「私も?」
「うん。ちょっと、スタジオ、抜け出してさあ」

“悪魔のささやき”だ。

 坂井さんに誘われるのは、ほとんどの場合、大黒さんがクルマを運転してスタジオに来ているときだった。坂井さんはペーパードライバーで、普段は電車で通っていた。

「大ヒットしてからの泉水ちゃんは、相当厳しいスケジュール下にあったので、プライベートは皆無だったと思います。それで、スタジオ作業のすきを見つけて、小悪魔顔で私を誘ってきました。スタッフの目を盗んで、2人で食事に行ったり、カフェに行ったり。後で会社の人に怒鳴られるのは私でしたけど(笑)。それでも、泉水ちゃんの誘いは断れなかった。あのキュートで悪い目は、憎めませんでした。楽しかったなあー」

 2人の出会いは、ZARDのデビュー曲「Good-bye My Loneliness」のレコーディング。大黒さんはコーラスで参加した。CDジャケットになった黒の革ジャン姿の坂井さんがソファに座るその元の写真には、デビュー前の10代だった大黒さんも写っている。

著者プロフィールを見る
神舘和典

神舘和典

1962年東京生まれ。音楽ライター。ジャズ、ロック、Jポップからクラシックまでクラシックまで膨大な数のアーティストをインタビューしてきた。『新書で入門ジャズの鉄板50枚+α』『音楽ライターが、書けなかった話』(以上新潮新書)『25人の偉大なるジャズメンが語る名盤・名言・名演奏』(幻冬舎新書)など著書多数。「文春トークライヴ」(文藝春秋)をはじめ音楽イベントのMCも行う。

神舘和典の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ