メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

九州は今週末は大体晴れて、朝晩はしのぎやすいでしょう。来週から九州は本格的な秋雨シーズンに入り、雨の降り方に注意が必要です。大雨への備えを確認しておきましょう。

九州 涼しい朝 山沿いは20度以下も

画像A
画像A

けさ(26日)の九州は、最低気温が25度を下回った所が多く、ほとんどの所で熱帯夜から解放され涼しい朝になりました。
最低気温は、宮崎県五ヶ瀬町鞍岡16.2度、本県南小国町18.8度、大分県由布市湯布院19.5度など、九州の山沿いでは20度を下回りひんやりした所もあり、秋の気配がしました。

きょうの九州の最高気温は30度以上の所が多く、日差しがでる九州南部は33度前後まで上がり、日中は暑くなる見込みです。

来週は本格的な秋雨

画像B
画像B

8月最後の週末は、九州は大陸の乾いた高気圧に覆われる見込みです。多少雲も広がりますが、晴れる所が多く、朝晩はしのぎやすさが続くでしょう。

来週は次第に西から秋雨前線が近づいてくるため、湿度が高くなり蒸し暑さが戻る見込みです。30日(火)は前線の接近で、九州の広い範囲で雨が降るでしょう。その後も、九州に秋雨前線が停滞しやすくなり、雨が続く見込みです。

また、来週は日本の南海上で新たに台風が発生する可能性があります。台風の湿った空気が秋雨前線に流れ込むと、前線の活動が活発化し大雨になるおそれがあり、注意が必要です。

九州は、来週から9月中旬ごろにかけて秋雨前線の影響を受けやすく、秋雨のシーズンとなります。また、台風シーズンでもあります。
大雨や台風による災害が発生しやすい時季になりますので、いま一度、災害への備えを確認しておきましょう。

暮らしとモノ班 for promotion
Amazonプライムデー2024「先行セール」がスタート! お得になる攻略法やキャンペーン情報、おすすめ商品を一挙紹介