メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

きょう18日の最高気温は、きのうより低くなる所が多いでしょう。特に北海道から関東では、きのうより5℃くらい低く、11月並みの所もありそうです。

最高気温 大幅ダウン

画像A
画像A

きょう18日は西高東低の気圧配置になり、寒気が流れ込んでいます。

最高気温は平年より低い所が多いでしょう。北海道は15℃に届かない所が多く、札幌市はきのうより8℃低い13℃の予想です。日中もトレンチコートなど上着が必要でしょう。

東北や北陸は17℃くらいで、きのうより5℃くらい低くなりそうです。日中も空気がヒンヤリするでしょう。夜は朝より冷える所が多くなりますので、服装選びにご注意ください。

関東は南部ではきのうより5℃前後低く、日中も20℃くらいまでしか気温は上がらないでしょう。11月上旬から中旬並みの所が多くなりそうです。

一方、東海や四国、九州南部では日中は25℃くらいまで気温が上がるでしょう。昼間は薄着で過ごせそうです。朝晩と日中の気温差が大きくなりますので、脱ぎ着しやすい服装が良いでしょう。

近畿や中国、九州北部の最高気温は20℃前後で、日中はカットソーや長袖シャツ一枚で快適に過ごせる所が多くなりそうです。朝晩はヒンヤリしますので、服装で上手に調節してください。

沖縄は25℃くらいで、11月並みでしょう。北風も強めに吹いて、暑さはないでしょう。カーディガンなど羽織るものがあると良さそうです。

気温と服装の目安

画像B
画像B

上の図は気温と服装の目安です。気温が25℃以上の日は半袖で過ごせますが、25℃を下回ると長袖シャツがちょうどよくなります。20℃を下回るとシャツにカーディガンを重ね着すると快適に。15℃を下回るとセーター、10℃くらいになるとトレンチコートが活躍します。さらに10℃を下回るようになるとコートが必要になります。

人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安ですが、服装選びの参考になさってください。季節の変わり目で、気温差の大きな時期です。体調管理にご注意ください。