メイン画像
メイン画像
この記事の写真をすべて見る

関西では、大晦日から元日にかけては広い範囲で晴れるでしょう。その後は新春寒波となるため、帰省などを予定されている方は交通機関の乱れなどに注意が必要です。

30日(金)までは日本海側を中心に雪や雨の所も 大晦日から元日にかけては晴れる所が多い

画像A
画像A

関西では、大阪など太平洋側では元日にかけて、おおむね晴れるでしょう。年末年始の買い出しや、家の回りの掃除をするにも良さそうです。
豊岡など日本海側では、30日(金)までは雪や雨の降る可能性もありますが、大晦日と元日は晴れ間が広がるでしょう。外回りの掃除は、大晦日がおススメです。
この時季らしい気温が続くため、路面の凍結や体調管理などに注意をしてください。

年明け3日以降は新春寒波 日本海側だけでなく太平洋側でも雪の降る所がありそう

画像B
画像B

3日(火)以降は強い寒気が流れ込むため、日本海側では雪の降る日が多いでしょう。太平洋側でも、3日と4日は雪や雨の降る所がある見込みです。
交通機関に影響が出る可能性もあるため、帰省を予定されている方は交通情報などにも気を配るようにしてください。
気温は平年より低い日が多く、昼間でも3度くらいまでしか上がらない所もあるでしょう。

暮らしとモノ班 for promotion
いよいよ「Amazonプライムデー」開始!おすすめ商品やセールで得するために知っておきたいこと一挙紹介