「錦鯉」に関する記事一覧

〈新番組「かまいまち」きょう初回SP〉かまいたち濱家や錦鯉・渡辺など続々…「痛風芸人」が新しいジャンルに!?
〈新番組「かまいまち」きょう初回SP〉かまいたち濱家や錦鯉・渡辺など続々…「痛風芸人」が新しいジャンルに!?

18日放送、かまいたちがMCを務める「街グルメをマジ探索! かまいまち」(フジテレビ・毎週木曜午後7時)は初回2時間SP。ひとつの“まち(街)"に、徹底的に「“かまい"まくる」との意味が込められた番組『かまいまち』の番組タイトル通り、芸能人たちがひとつの街を自らの足で徹底リサーチ。厳選したその街一番の“最高の店"の“最高の一品"を紹介していく新趣向の街ブラバラエティーだ。新たな冠番組に挑むかまいたちの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2021年11月27日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

dot.
錦鯉が語る、大ブレークの裏で"テンパり"続けた1年間「僕らは"ただのおっさん"と開き直った」
岡本直也 岡本直也
錦鯉が語る、大ブレークの裏で"テンパり"続けた1年間「僕らは"ただのおっさん"と開き直った」
「M-1グランプリ2021」(以下:M-1)の優勝をきっかけに、一気に売れっ子芸人の仲間入りを果たしたお笑いコンビ・錦鯉。とくに昨年は、テレビ出演本数が驚異の400本を超え、CM契約数も10社を超えるなど、誰もが認める飛躍の1年となった。そんな錦鯉が、今年6月からM-1優勝後初となる単独ライブを全国ツアーとして開催する。念願だった単独ライブにのぞむ現在の思い、人生が突如激変した2022年に2人が感じた「とまどい」など、錦鯉がAERA dot.のインタビューで語った。
錦鯉
dot. 5/12
M-1最年長王者錦鯉・長谷川に「あんまり働かないで」 お笑い界でも進む働き方改革
ラリー遠田 ラリー遠田
M-1最年長王者錦鯉・長谷川に「あんまり働かないで」 お笑い界でも進む働き方改革
年末のお笑い界の一大イベント『M-1グランプリ』で優勝した芸人は、ほぼ例外なく売れっ子になり、爆発的に仕事が増えていく。M-1チャンピオンはスターへの階段を上ることが約束されているし、世間にもそれを期待されているようなところがある。
カジサックニューヨーク働き方改革錦鯉
dot. 7/2
中年芸人・錦鯉がドラマ化 芸人の半生を描いたドラマが増えるもっともな理由とは? 
ラリー遠田 ラリー遠田
中年芸人・錦鯉がドラマ化 芸人の半生を描いたドラマが増えるもっともな理由とは? 
日本テレビの朝の情報番組『ZIP!』の中で、お笑いコンビ・錦鯉の半生を描くドラマ「泳げ!ニシキゴイ」が放送されることが発表された。初回放送は7月19日である。
錦鯉
dot. 6/25
「M-1王者」錦鯉・渡辺のお笑いスキルが高すぎる! 将来はMCも視野に?
丸山ひろし 丸山ひろし
「M-1王者」錦鯉・渡辺のお笑いスキルが高すぎる! 将来はMCも視野に?
昨年の「M-1グランプリ2021」(テレビ朝日系)で優勝したお笑いコンビ・錦鯉。“遅咲きの中年の星”としても注目を集め、4月7日に放送された「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)では、人気企画「ゴチになります!23」にVIPチャレンジャーとして初参戦するなど、現在バラエティー番組に引っ張りだこだ。
渡辺隆痛風錦鯉
dot. 4/17
M-1優勝者への誹謗中傷がなかったのは王者・錦鯉の漫才への情熱と涙のなせる業
ラリー遠田 ラリー遠田
M-1優勝者への誹謗中傷がなかったのは王者・錦鯉の漫才への情熱と涙のなせる業
12月19日、漫才日本一を決める『M-1グラプリ2021』が行われた。この日までに予選を勝ち抜いたのは、もも、真空ジェシカ、モグライダー、オズワルド、ランジャタイ、インディアンス、ゆにばーす、錦鯉、ロングコートダディのファイナリスト9組。そこに当日行われた敗者復活戦の勝者であるハライチを加えた10組によって決勝が争われた。
M-1ラリー遠田錦鯉
dot. 12/25
M-1優勝の錦鯉の「ボケ」は50歳でなぜ成功できたか 「続けることは才能だ」鈴木おさむ
鈴木おさむ 鈴木おさむ
M-1優勝の錦鯉の「ボケ」は50歳でなぜ成功できたか 「続けることは才能だ」鈴木おさむ
放送作家・鈴木おさむさんが、今を生きる同世代の方々におくる連載『1970年代生まれの団ジュニたちへ』。今回は、M-1グランプリで優勝した「錦鯉」について。
M-1放送作家鈴木おさむ錦鯉
dot. 12/23
M-1最年長優勝・錦鯉「50代で若手もアリ、排除しない時代」とカンニング竹山
カンニング竹山 カンニング竹山
M-1最年長優勝・錦鯉「50代で若手もアリ、排除しない時代」とカンニング竹山
 12月19日に開催された『M-1グランプリ2021』(ABCテレビ・テレビ朝日系)は、錦鯉の優勝で幕を閉じた。「M-1 最年長優勝」でも話題になった錦鯉の長谷川雅紀(50)と同い年のお笑い芸人・カンニング竹山さんは時代の変化の現れを感じている。
M-1カンニング竹山錦鯉
dot. 12/22
M-1直前予想 非吉本勢“奪還”の期待も…本命は「オズワルド」「インディアンス」か
藤原三星 藤原三星
M-1直前予想 非吉本勢“奪還”の期待も…本命は「オズワルド」「インディアンス」か
今年もM-1グランプリの決勝戦は熱くなりそうだ。20周年となる今年は過去最多の6017組がエントリー。結成15年以内の漫才コンビたちが持ち時間4分のなかで誰の漫才が一番おもろいかと決めるという、ストロングスタイルな賞レースは19日18時34分に戦いの火ぶたが切って落とされる。
M-1グランプリインディアンスオズワルド錦鯉
dot. 12/19
かまいたち濱家や錦鯉・渡辺など続々…「痛風芸人」が新しいジャンルに!?
かまいたち濱家や錦鯉・渡辺など続々…「痛風芸人」が新しいジャンルに!?
最近、芸人の間で話題になっている病気がある。痛風だ。流れを作ったのは、いま売れに売れているお笑いコンビ、かまいたちの濱家隆一(38)だろう。以前から痛風エピソードをテレビなどで披露していたが、1月にYouTubeチャンネルで「かまいたち濱家が10回以上発症してきた痛風について全て話します!」と題し、その壮絶な病状を約20分に渡って力説した動画がバズった。この動画は460万回以上再生され、芸能メディアが取り上げたことでさらに広まっていった。
かまいたち濱家隆一痛風錦鯉
dot. 11/27
コウメ太夫、バイきんぐ小峠、ハリウッドザコシショウ…ソニー芸人大躍進の最もなワケ
ラリー遠田 ラリー遠田
コウメ太夫、バイきんぐ小峠、ハリウッドザコシショウ…ソニー芸人大躍進の最もなワケ
お笑い事務所と言えば、誰もが知っているのが最大手の吉本興業。それに続くのが、松竹芸能、太田プロダクション、プロダクション人力舎といった老舗事務所。さらに、ホリプロ、ワタナベエンターテインメントといった芸人以外の所属タレントも多い総合芸能事務所もある。
AMEMIYAアキラ100%コウメ太夫ソニーミュージックアーティスツハリウッドザコシショウバイきんぐラリー遠田錦鯉
dot. 8/14
この話題を考える
あの日を忘れない

あの日を忘れない

どんな人にも「忘れられない1日」がある。それはどんな著名な芸能人でも変わらない。人との出会い、別れ、挫折、後悔、歓喜…AERA dot.だけに語ってくれた珠玉のエピソード。

インタビュー
国際女性デー

国際女性デー

3月8日は国際女性デー。AERA dot. はこの日に合わせて女性を取り巻く現状や課題をレポート。読者とともに「自分らしい生き方、働き方、子育て」について考えます。

国際女性デー
高たんぱくダイエット

高たんぱくダイエット

会食の機会も増え、体重の増加が気になる季節。帳尻を合わせるために、極端なダイエットに走る必要はもうありません。 調理時間10分以内、安くておいしいお鍋なら、かんたんに体重オフ、健康パワーもアップできます。 気になるノウハウに加え、一生使えるAERAオリジナルレシピまでを網羅しました。

高たんぱくダイエット
1
カテゴリから探す
ニュース
「私の精子でぼろ儲けしたのです」 97人の子が誕生  33歳白人男性の精子はなぜ「大人気」だったのか
「私の精子でぼろ儲けしたのです」 97人の子が誕生 33歳白人男性の精子はなぜ「大人気」だったのか
精子バンク
dot. 13時間前
教育
【大河ドラマ「光る君へ」本日第15話】平安貴族のヘアケア事情 美しさを保つには米のとぎ汁
【大河ドラマ「光る君へ」本日第15話】平安貴族のヘアケア事情 美しさを保つには米のとぎ汁
源氏物語
dot. 4時間前
エンタメ
濱口竜介監督が語る映画の現在地 「『日本映画から何か出てこないか』という期待は常にあるはず」
濱口竜介監督が語る映画の現在地 「『日本映画から何か出てこないか』という期待は常にあるはず」
映画
AERA 8時間前
スポーツ
日本のファンは“緩い”と苦言の外国人選手も…スポーツ観戦、難しい「NG発言や行為」の線引き
日本のファンは“緩い”と苦言の外国人選手も…スポーツ観戦、難しい「NG発言や行為」の線引き
スポーツ観戦
dot. 6時間前
ヘルス
【首・腰の手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は品川志匠会病院、2位は稲波脊椎・関節病院
【首・腰の手術数】病院ランキング2024年版・全国トップ40  1位は品川志匠会病院、2位は稲波脊椎・関節病院
いい病院
dot. 16時間前
ビジネス
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
ビジネスコンペ300戦無敗! いじめられっ子だった私が「選ばれる人」になった理由
朝日新聞出版の本
dot. 4/19