アンジャッシュの児嶋一哉
アンジャッシュの児嶋一哉

 お笑いコンビ「アンジャッシュ」の児嶋一哉が、後輩のお笑い芸人・有吉弘行に対する自身へのイジリにツイッターで苦言を呈した後、その文面を削除したことが話題になっている。

【写真】三度の不倫報道でも芸能界を「干されなかった」人気女優はこちら

 事の発端は有吉がパーソナリティーを務めるJFN系列のラジオ番組「有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER」だった。16日放送回で有吉は番組アシスタントのお笑いコンビ「デンジャラス」の安田和博のYouTubeチャンネルを「クソみたいなチャンネル」とイジった後に、「児嶋さんとかみたいなクソみたいなYouTube」と言及。「結構儲けてるんでしょ? 『地雷メイクやってみた』。は?みたいな。恥ずかしくないの?って思うけど、YouTube見てる人たちは『児嶋もやってんだ。見てみるか』って見てくれてね、いい方向にいってるわけでしょ。だから、何でもいいんだな」と語っていた。

 有吉は愛情表現のつもりで話題にしたと思われるが、児嶋は同日に自身のツイッターで「有吉クソみたいなYouTubeって言ったの?」と反応。「スタッフと頑張ってやってるんだけど、、何でも言っていいと思ってんのかな?」と疑問を呈した。リプライ欄には「有吉さんは本気で言っていませんよ」、「仲直りしてください」などのコメントが。すると児嶋は翌17日に「Twitterを卑怯な使い方をしてしまいました、、、本人とも話せたので全然大丈夫です!お騒がせしました」と投稿し、苦言のツイートを削除。有吉との間にわだかまりがないことを強調した。

「有吉さんと児嶋さんは付き合いが長くて仲良しだし、このラジオ番組にも2度ゲスト出演しています。その時も有吉さんや番組のリスナーが児嶋さんをイジって番組が盛り上がった。今回もラジオを聞けばわかる通り全く悪意はない。2人の関係が成り立っているから、有吉さんはイジったのだと思いますが、児嶋さんのYouTubeは奥さんが出演したり、色々な企画に挑戦したりスタッフも頑張っている様子が伝わってくる。自分だけでなく関わっている人も傷つけられたと感じたのでしょう」(テレビ関係者)

次のページ