室井佑月・作家
室井佑月・作家
この記事の写真をすべて見る

 作家・室井佑月氏は、夏の参院選に向けて、野党の戦い方について持論を展開する。

【この記事のイラストはこちら】

*  *  *

 1月23日付の毎日新聞、「夏の参院選比例投票先、『自民』が最多27% 毎日新聞世論調査」という記事によると、

「夏の参院選の比例代表で、どの政党に投票したいか聞いたところ、自民党が27%で最多で、日本維新の会が21%で続いた。この他、立憲民主党11%▽共産党5%▽国民民主党4%▽公明党4%▽れいわ新選組3%▽NHK受信料を支払わない国民を守る党1%▽社民党1%──などとなった」

 だってさ。野党連合、立憲+共産+社民+れいわの支持率を足してみたけど、自民党どころか維新にも勝てないやんけ。これってなにがまずかったんだろうか。

 コロナ禍で生活格差は広がっている。新聞を読めば、毎日のように貧困者についての話題が書かれている。

 野党はもっとはっきりと、「弱っている人、困っている人に寄り添う」と打ち出すべきなんじゃないか。それができてたらこんな数字になるわけがない。

 というのも、去年の衆議院選にパートナーが立候補し、街頭演説をしたとき「格差是正」の話をするとかなり盛り上がった。

 この国の貧困者が増えたのも事実だし、お金持ちが増えたのも事実。なら今、お金持ちに「少々、負担をお願いします」、そう言ってもバチは当たらないのではないか、という話をするとどこでも拍手がわき起こった。

 実際、普通に生活をしていれば、困っていそうな人の姿はたびたび目に飛び込んでくる。たとえば、夜のスーパーに買い物に行って、半額になった総菜を右手と左手両方に持ち、どちらを買うかを悩んでいる人、廃棄されるキャベツの外側の葉を持ち帰ろうとしている人。ここ数年で増えたように思う。

著者プロフィールを見る
室井佑月

室井佑月

室井佑月(むろい・ゆづき)/作家。1970年、青森県生まれ。「小説新潮」誌の「読者による性の小説」に入選し作家デビュー。テレビ・コメンテーターとしても活躍。「しがみつく女」をまとめた「この国は、変われないの?」(新日本出版社)が発売中

室井佑月の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
【本日17(木)23:59まで】Amazonプライムデー終了間近!おすすめ商品やセールで得する攻略法をご紹介
次のページ