岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
この記事の写真をすべて見る

 動物写真家・岩合光昭さんが見つけた“いい(こ)”を紹介する「今週の猫」。今回は、アメリカ・ロサンゼルスの「集中できにゃい?」です。

【今週の猫の写真はこちら】

*  *  *

撮影/岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office
撮影/岩合光昭 (c)Iwago Photographic Office

 ロスの港町、ロングビーチに猫の里親を探すクラブがある。人懐っこい子にまったく懐かない子、穏やかな子にケンカ好きの子。ざっと20匹ほどの若い猫たちは、実に個性豊かだ。

 回し車で遊ぶのは1歳のファンシーフィート。靴下模様の足先と、幸運を呼ぶと言われている6本指がトレードマーク。

 実はこのクラブ、本業はヨガ教室だ。レッスン中の生徒さんの背中に、猫が飛び乗るなんて日常茶飯事。精神統一の場でもお構いなしの、キュートで奔放な居住者たちだった。

週刊朝日  2022年3月18日号

著者プロフィールを見る
岩合光昭

岩合光昭

岩合光昭(いわごう・みつあき)/1950年生まれ。動物写真家。1980年雑誌「アサヒグラフ」での連載「海からの手紙」で第5回木村伊兵衛写真賞を受賞。1982~84年アフリカ・タンザニアのセレンゲティ国立公園に滞在。このとき撮影した写真集『おきて』が全世界でベストセラーに。1986年ライオンの親子の写真が、米「ナショナルジオグラフィック」誌の表紙に。94年、スノーモンキーの写真で、日本人として唯一、2度目の表紙を飾る。2012年NHK BSプレミアムで「岩合光昭の世界ネコ歩き」のオンエア開始。著書に『日本のねこみち』『世界のねこみち』『岩合光昭写真集 猫にまた旅』『ふるさとのねこ』『ネコを撮る』『ネコへの恋文』など多数。初監督作品となる映画「ねことじいちゃん」のBlu-rayとDVDが発売中。

岩合光昭の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング