イラスト/もりいくすお
イラスト/もりいくすお

 ……うめぇ。荒れた喉にストレートなバニラ。食べても食べても無くならない(と思われる)圧倒的な量。スーパーカッ◯の後にゴディバを食べたら、あれ、ちょっとトゥーマッチ? 気まぐれに二つを混ぜてみました。もっとうめぇ……気がする。

 翌々日(やっぱりゴディバをください)とLINE。カルピ◯バーが届きました。?? まぁいいか。!? いつもよりするどいカ◯ピス。カル◯スバー、うめぇ。

 翌々々日(ゴディバはありませんか?)(なくなりました)と返事の後、ホー◯ランバーが届きました。食べたら……いつも通りでした。なんなんでしょう。ゴディバによってみんなの実力が底上げされていたのでしょうか。「あんな外国人助っ人に負けてたまるかい!」という叩き上げの奮起だったのか。「助っ人が帰国」したら「凡庸な成績」に……。

 今は仕方なく氷を舐めてます。氷は波が無くて一番信頼出来ますね。喉の痛みはようやくひいてきました。あと療養期間は4日。昨日、家内が言いました。「あなたとはまるで話が合わない」と。結婚18年目にして。

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/1978年、千葉県生まれ。落語家。2001年、日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。この連載をまとめたエッセー集の第1弾『いちのすけのまくら』(朝日文庫、850円)が絶賛発売中。ぜひ!

週刊朝日  2022年8月5日号

著者プロフィールを見る
春風亭一之輔

春風亭一之輔

春風亭一之輔(しゅんぷうてい・いちのすけ)/落語家。1978年、千葉県生まれ。得意ネタは初天神、粗忽の釘、笠碁、欠伸指南など。趣味は程をわきまえた飲酒、映画・芝居鑑賞、徒歩による散策、喫茶店めぐり、洗濯。この連載をまとめたエッセー集『いちのすけのまくら』『まくらが来りて笛を吹く』『まくらの森の満開の下』(朝日新聞出版)が絶賛発売中。ぜひ!

春風亭一之輔の記事一覧はこちら