お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史
お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史
この記事の写真をすべて見る

 11日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日・毎週火曜午後11時15分)は「太夫フェス訳あって2023」の後半戦だ。 年末恒例の「太夫フェス」が訳あって半年遅れで開催! 53歳フジモンの太夫フェスは見逃せない。そんな藤本敏史にまつわる過去の人気記事を振り返る。(「AERA dot.」2023年3月19日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】おだかやかになった?元妻・木下優樹菜さんの最新ショットはこちら

*  *  *

 1989年にお笑いコンビ「FUJIWARA」を結成し、すでに芸歴34年という大ベテランの藤本敏史(52)。今でもバラエティー番組の平場で「ガヤ芸人」として躍動し続け、“フジモン”の愛称もお茶の間に浸透した。「水曜日のダウンタウン」(TBS系)などでは、若手芸人に交じって体を張った長時間ロケでも抜群の存在感をみせる。一部のお笑いファンの間では「バラエティーになくてはならない存在」とまで言われるが、なぜ今、フジモンにオファーが殺到しているのだろうか。

 多くのお笑い番組を担当する放送作家はこう言う。

「芸歴34年の大ベテランとあって、安定感が違います。特に『アメトーーク!』や『ロンドンハーツ』ではロンブーの淳さん、有吉さん、ザキヤマさんとウマがあうのか、いつも笑いの化学反応が生まれています。MCが悪ノリモードに入った場合、若手はボロボロにされて終わることが多いのですが、MC陣の先輩にあたるフジモンさんは、しっかりイジられつつもちゃんと笑いにして返すところが本当にすごい。また、最近は『水曜日のダウンタウン』でも長時間ロケなどでしっかり結果を出し、中年芸人ならではの笑いと悲哀を生み出すことに成功しています」

 さらに大御所にも容赦ないガヤを入れられることも制作サイドにとってはありがたいとか。

「堺正章さんに『テーブルクロス引き!』、ダウンタウン浜田さんに『出前館!』など、大御所にもガヤをかぶせることができるフジモンさんがいると、番組は確実に盛り上がります。相方の原西孝幸さんは『1兆個のギャグを持つギャガー』として有名ですが、フジモンさんのガヤのバリエーションも決して負けてはいないですし、大所帯の番組では笑いのフックとしてガヤは非常に効果的。いま、大人数のタレントや芸人が出演するバラエティー特番の会議に出ると、ほぼ必ずと言っていいほどフジモンさんの名前がホワイトボードに書いてあります。離婚してからは、よりオファーが増えている印象です」(前出の放送作家)

著者プロフィールを見る
藤原三星

藤原三星

ドラマ評論家・芸能ウェブライター。エンタメ業界に潜伏し、独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を書き続ける。『NEWSポストセブン』『Business Journal』などでも執筆中。

藤原三星の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
Amazonの「Fashion ✕ 夏先取りタイムセール祭り」で夏のファッションや暑さ対策小物を準備しよう!
次のページ
離婚してから格段に面白くなった