松下洸平さんと鈴木亮平さん(撮影/写真映像部・東川哲也 撮影協力/八芳園)

 先週に多く読まれた記事の「見逃し配信」です。ぜひ御覧ください。(この記事は、「AERA dot.」で2024年5月4日に配信した内容の再配信です。肩書や情報などは当時のまま)

【写真特集】大物がズラリ!AERA表紙はこちら

*  *  *

 松下洸平さんがホストを務めるAERAの対談連載「じゅうにんといろ」、22人目のゲストは俳優・鈴木亮平さん。年齢も近く、プライベートでも仲の良い2人が「一緒に食事に行っても、こんな話はしない」という貴重なトークを繰り広げます。AERA 2024年4月29日-5月6日合併号より。

松下洸平(以下、松下):よろしくお願いします!

鈴木亮平(以下、鈴木):よろしくね。僕は何人目のゲストなの?

松下:22人目です。

鈴木:そんなに!? すごいね! これまでの掲載誌の一部を読ませてもらったけど、スタイリストの丸本達彦さんや獣医師さんが出てたね。ゲストは誰でもいいの?

松下:職業は様々ですが、誰でもいいわけじゃないですよ(笑)。AERAのお力をお借りして、お会いしたい方やお話ししてみたい方にオファーさせていただいています。この対談をきっかけに、連絡先を交換して仲良くしていただくこともあったりして、素敵な機会をいただいています。

鈴木:いいね、会いたい人に会えるなんて。僕は、幼い頃からアニメ「シティーハンター」が大好きで、そこから映画をよく観るようになって、俳優にあこがれた。主人公の冴羽リョウ(けものへんに僚のつくり)の声優の神谷明さんに会いたいと言い続けていたら、雑誌の対談が実現したんだよ。そこで連絡先を交換させてもらって以降、仲良くしてもらってきた。原作者の北条司先生とも9年くらい前に雑誌の対談でお会いできて、それがあってのNetflix映画「シティーハンター」(4月25日公開)だから。

松下:そうなんですね! 

鈴木:北条先生に初めてお会いした時に「シティーハンターのことをアクション作品だと思ってる人は多いけど、実はそうじゃないですよね。メインは冴羽リョウと槇村香のラブストーリーで、亡くなったお兄さんの喪失感を2人で埋めていく中で絆が強くなって、それが愛に発展していく話なんですよ!」と熱く語ったからね。

著者プロフィールを見る
古田真梨子

古田真梨子

AERA記者。朝日新聞社入社後、福島→横浜→東京社会部→週刊朝日編集部を経て現職。 途中、休職して南インド・ベンガル―ルに渡り、家族とともに3年半を過ごしました。 京都出身。中高保健体育教員免許。2児の子育て中。

古田真梨子の記事一覧はこちら
次のページ