春の園遊会に出席した秋篠宮妃紀子さま、愛子さま=2024年4月23日、東京・元赤坂の赤坂御苑、松永卓也撮影(朝日新聞出版/JMPA)

「周囲に、なかなか本音を話せる人がいないので精神的に辛い状態が続いているようです」

【写真】色とりどりのドレスが美しい…愛子さま、佳子さま、紀子さまの3ショット

フォトギャラリーで全ての写真を見る

 昨年末から体調不良に悩まされてきた紀子さまの「表情が晴れない」と話すのは皇室記者だ。

 この数年間、秋篠宮家への逆風が一向に収まらない。小室圭さんと眞子さん結婚問題から始まった秋篠宮家に対する風当たりの強さは、その後もご夫妻のみならず、悠仁さまの進学問題、佳子さまの“別居”問題、小室さんの動向に至るまで連綿と続いている。

「4月から愛子さまが日本赤十字社にご就職され、その熱心な勤務ぶりが報じられると、愛子さまのご声望や人気はより高まりました。世間から“愛子さまを天皇に”という待望論が上がっていることも、紀子さまの焦燥感に追い打ちをかけているかもしれません。これまでも眞子さん、佳子さま、悠仁さまの進学先や教育方針をめぐっては、その都度、愛子さまと比較されることが少なくありませんでした。今年は、悠仁さまがご成年を迎え、大学受験を控えている年でもありますから、しばらくは心が休まらない日が続くでしょう」(皇室ジャーナリスト)

次のページ
眞子さんともあまり連絡を取っていない