闘病のため、公務を控えているキャサリン妃(42)が、次男ルイ王子の誕生日に自ら撮影した写真をSNSにアップした。治療が順調に進んでいることがうかがえ、イギリス国民に安堵が広がっている。一方、アメリカ在住のメ―ガンさん(42)も、くじけない姿勢は変わらず。新ビジネスの今後の展開に注目が集まっている。

【写真】キャサリン妃が撮った笑顔のルイ王子。一方、メーガンさんは…

ルイ王子の誕生日にキャサリン妃撮影の写真公開

2024年3月10日に公開されたキャサリン妃と3人の子どもたちの写真。術後初めてのキャサリン妃の姿として注目を集めたが、画像に修正を加えていたとして、後日謝罪することになった(The Royal Family/UPI/アフロ)

 3月22日、自ら出演した動画メッセージの中で、がんに罹患していることを公表したイギリスのキャサリン妃(42)。がんの部位やステージは明かさなかったものの、予防的治療として化学療法を受けることなどを話す勇気ある姿は、多くの人の心を打った。バイデン米大統領ら各国首脳をはじめ、世界中からお見舞いのメッセージが寄せられ、キャサリン妃は感謝の手紙を返していると伝えられている。

 ただ、公務は今のところ行っていない。キャサリン妃の治療はうまくいっているのか。体調は大丈夫なのだろうか。

 心配する世界中の“ケイトファン“の心の支えは、ウィリアム皇太子(41)がキャサリン妃の母親キャロルさんとパブ(イギリスの居酒屋)に立ち寄ったり、長男のジョージ王子(10)とサッカー観戦に出かけたりしていることだ。こうしたことは、キャサリン妃が順調に快復に向かっているからこそだと推測できるからだ。

 4月23日は、次男のルイ王子の6歳の誕生日だった。これまで3人の子どもたちの誕生日にはいつも、キャサリン妃が撮影した写真が夫妻の公式SNSにアップされてきた。母親がカメラを向けるので、子どもたちに緊張感がなく、表情がとても自然であると評価が高い。だが、今年はルイ王子の記念写真はないのではないかと心配されていた。がんの治療中であることに加えて、3月10日の「母の日」に合わせてキャサリン妃が公表した家族写真にデジタル加工が指摘され、追い詰められたキャサリン妃が謝罪する事態もあったからだ。

 実際、これまで誕生日前日に出されることが多かった写真は、当日の朝になっても何もなかった。やはり、今回はダメか……。そんな空気が広がる中、午後0時半ごろ、ルイ王子の笑顔の一枚が飛び込んできた。撮影者を示すカメラマークのうしろには、キャサリン妃を示す「The Princess of Wales」の文字。国民は心からほっとした。

2024年4月23日、ルイ王子の6歳の誕生日に、キャサリン妃が撮影した写真が公開された。自然な笑顔に癒された王室ファンは多い(Newscom/アフロ)

 芝生に敷いたブランケットの上に裸足で寝ころび、にこやかな表情を見せるルイ王子。しかも、青と茶色のチェック柄のシャツは、兄であるジョージ王子のおさがりだ。キャサリン妃は子どもたちにおさがりを着せることはよく知られているため、「確かにケイトが戻ってきた」と笑顔が広がった。

著者プロフィールを見る
多賀幹子

多賀幹子

お茶の水女子大学文教育学部卒業。東京都生まれ。企業広報誌の編集長を経てジャーナリストに。女性、教育、王室などをテーマに取材。執筆活動のほか、テレビ出演、講演活動などを行う。著書に『英国女王が伝授する70歳からの品格』『親たちの暴走』など

多賀幹子の記事一覧はこちら
次のページ
アメリカ在住のヘンリー王子とメ―ガンさんは…