今季がプロ入り4年目の巨人・秋広優人(写真提供・読売ジャイアンツ)

 巨人の“未来の主軸打者”として成長が期待される秋広優人のキャリアはこの先どうなっていくのだろうか……。プロ入り4年目となる今季はさらなる飛躍も予想されていた「背番号55」だったがシーズン開幕は二軍で迎え、いまだ一軍に呼ばれる気配すらない。

【写真】岡本和真でも村上宗隆でもない…「最も嫌な4番打者」はこの人

 秋広はプロ3年目の昨季、自己最多の121試合に出場して打率.273(406打数111安打)、10本塁打、41打点をマークし、2年連続のBクラスとなったチームの中で数少ない“明るい話題”を提供した。新たなシーズンでも阿部慎之助監督が率いる新生巨人で攻撃の柱として期待されているはずだが、ここまでのところ一軍に登録されずに二軍暮らしが続いている。

「阿部巨人は開幕から手堅く勝ち星を重ねていて順調に見えるが、秋広を使えないのは誤算。岡本和真とともにクリーンアップを任せたかったはず。交流戦を迎える頃には万全な状態で一軍に合流して欲しい」(巨人OB)

 身長2メートルの体格を生かしたパワフルな打撃は魅力十分。右打者の岡本と左打者の秋広が中軸にどっしり構えることができれば、打線のバランスも良くなるのは間違いない。新助っ人のオドーアが開幕前に突然退団となり、巨人入りが確実とも報道されたメジャー帰りの筒香嘉智は古巣のDeNAと契約を結んだことで、“左の大砲”として秋広の重要性は増してきているはずだ。

「ハマった時の飛距離は日本人離れしている。荒削りな部分はあるが技術も上がっている。原辰徳前監督が我慢して起用し続けたことで実戦経験を積めたことも大きく、自信を得ているのもわかる」(巨人関係者)

 昨秋と今春のキャンプでは「特別強化指定」に指名され鍛え上げられた。しかしオープン戦では6試合の出場で16打数2安打の打率.125と結果を出せず、3月12日から二軍調整に。ドラフト3位ルーキーの佐々木俊輔、2年目の萩尾匡也、オープン戦で復活をアピールした松原聖弥など正外野手の争いが激しくなる中で、開幕一軍に残ることができなかった。

次のページ
秋広が開幕一軍を逃した“他の理由”