リアナ・フローレス、ヴァーヴ・レコーズと契約&メジャー・デビュー・シングル公開

 インディーズ時代の「rises the moon」がTikTokを中心にバイラル・ヒットし、Spotifyでの再生が4億回を超えた大型新人リアナ・フローレスが、ヴァーヴ・レコーズとの契約を発表し、メジャー・デビュー・シングル「アイ・ウィッシュ・フォア・ザ・レイン」をリリースした。

 英ロンドンを拠点に活動する、イギリス系ブラジル人のシンガー・ソングライター、リアナ・フローレス。イギリス、サウス・ノーフォークの田舎町で育った彼女のスタイルは、ブリティッシュ・フォークと母の故郷ブラジルのボサ・ノヴァからインスピレーションを受けている。ヴァシュティ・バニヤン、ニック・ドレイク、ジョアン・ジルベルトのような奥深い職人技とも呼べるソングライティング能力を持ち、レイヴェイのようなジャズ・ポップ・リヴァイヴァリズムとの音楽的な親和性を見出している。

 クリス・べアーがドラムを演奏し、ノア・ジョージソンがプロデュースとミックスを担当した今作についてリアナは、「この曲は真夏のある夜、散歩しているときに生まれました。その時期、私は失恋して傷心していました。その事実を反芻するのに、小雨がどれだけ私を助けてくれたのか、と考えずにはいられませんでした。この曲は今度リリースするアルバムの中のトーチ・ソングで、ドラマチックだけど優しくて、少し飄々とした雰囲気のある曲です」と語っている。

 ヴァーヴ・レコーズとの契約したことについて、担当A&Rであるダリア・アンバック・カプリンは、「ボサ・ノヴァとフォーク・ミュージックを融合させたリアナ・フローレスのアプローチは、時代を超えたタイム・レスな音楽でありながら、ユニークで新しさを感じさせます。彼女のヴォーカルとソングライティングの能力には常に驚かされています。リアナがヴァーヴ・ファミリーに加わってくれたことをとても誇りに思っています」と話している。


◎リリース情報
シングル「アイ・ウィッシュ・フォア・ザ・レイン」
配信中
https://Liana-Flores.lnk.to/IwishfortherainPR

Photo: Sequoia Ziff