メイン画像

今日23日11時40分現在、三重県南部を中心に雨が降り続いています。今夜から広く雨で、明日24日にかけて雨の降りやすい天気が続く見込みです。三重県南部では雨量が多くなるため、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意してください。

今夜から広く雨

本州の南海上には前線が延び、明日24日は前線上の低気圧が東海地方の沿岸を通過する見込みです。今日23日の日中は、三重県南部では本降りの雨で、大きめの傘が役立つでしょう。その他の地域は雲が多く、時々弱い雨が降る見込みです。

今夜は雨の範囲は広がり、今夜遅くには静岡県にも広く雨雲がかかるでしょう。帰りが遅くなる方は、傘を持ってお出掛けください。明日24日の夜にかけて、広い範囲で雨が続く見込みです。特に、今夜以降は三重県南部を中心に短い時間に強く降る雨に注意が必要です。

三重県南部で雨量が多くなる

画像B

低気圧が近づく前から湿った東寄りの風が吹き付けて、三重県南部は発達した雨雲がかかりやすいでしょう。上の図は、25日(木)正午までの48時間予想積算雨量ですが、主に、明日24日の夜にかけての雨量を示しています。三重県南部では100mm以上の大雨となるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意が必要です。

土砂災害の前兆現象に注意する

画像C

土砂災害の前兆現象は以下の通りです。注意してあたりを観察しましょう。
・豪雨や長雨が続いている
・川が濁ったり、木が流れたり、土臭いにおいがしたりする
・降雨が続いているのに、川の水位が減少する
・斜面(崖)から物音がする、石が落ちてくる、水が浸みだす
・地面に亀裂や段差が生じる、木が傾いたり、地面が揺れたりする
・地鳴りがする
・いつもと違うことが起きる

短い周期で天気変化 25日(木)は晴れ間が戻り汗ばむ陽気

画像D

25日(木)は久しぶりの晴れ間が期待できそうです。雨雲は東海地方から遠ざかるため、朝からよく晴れるでしょう。気温もぐんと上がり、最高気温25℃以上の夏日が続出、静岡では29℃予想など各地で汗ばむ陽気となりそうです。明日24日との気温変化が大きくなるため、寒暖差で体調を崩さないよう気をつけてください。

晴れの天気は長続きせず、その後は短い周期で天気が変わる見込みです。ゴールデンウイーク初日となる27日(土)は、前線や低気圧の影響で雨が降るでしょう。29日(月):昭和の日も広く雨が降りそうです。日差しが届く日は暑さ対策と紫外線対策も忘れずに行いましょう。