4月12日、米国フロリダ州ウェリントンで、レソトとボツワナの子供たちを支援する慈善団体を支援するため、ロイヤル・サルート・ポロ・チャレンジに出席したヘンリー王子とメ―ガン妃(photo ロイター/アフロ)

 単身渡英を繰り返しているヘンリー王子(39)が、イギリス王室との”仲直り”を望んでいるという。ウィリアム皇太子(41)もキャサリン妃(42)も「子どもたちを連れての渡英」を提案するなど、歩み寄りの姿勢を見せる。だが、メ―ガンさん(42)だけは頑なだ。アメリカで新たなチャレンジを続けるメ―ガンさんは今、何を想っているのだろうか。

【写真】メーガンさんは頑なだ。ウィリアム皇太子もキャサリン妃も歩み寄りの姿勢を見せるが…

「定期的に4人でイギリスに帰りたい」

 

 現在、米国・カリフォルニア州で暮らすヘンリー王子に、ウィリアム皇太子とキャサリン妃が「子どもたちを連れての渡英」を提案しているという。

 イギリス国内の複数のメディアの報道によると、ヘンリー王子は5月8日のインビクタスゲーム創立10周年記念礼拝のために渡英する計画がある。メ―ガンさんとの間に産まれたアーチー王子(4)とリリベット王女(2)に、いとこたちとの触れ合いやイギリス伝統行事を経験させたいという願いがあるからだ。

 例えば、3月末のイースター祭。英王室では、家族そろってご馳走を食べた後で、子どもたちはエッグハンティングに夢中になるのが恒例だった。そんな経験をぜひ我が子にも、と願うヘンリー王子は兄夫妻の言葉を受ける心づもりがあると考えられる。

 ヘンリー王子は、昨年5月のチャールズ国王(75)の戴冠式も、今年2月に国王ががんを公表した時も、単身で渡英。周囲に「もう一人旅をしたくない」とこぼしたと伝えらえている。イギリスに行けば、チャールズ国王がヘンリー王子一家への経済的支援を考え直してくれるかもしれないとも考えているとみられるが、「今後は、定期的に4人そろって渡英し、家族と会いたい」と繰り返しているという。そこには“仲直り”を願う気持ちがにじんでいる。

 だが、メーガンさんは頑なに賛成しないのだ。「自分はイギリスの人たちから好かれていないし、行けばまたブーイングを浴びる。しかも、カミラ王妃(75)やキャサリン妃には、コーテシー(丁寧なお辞儀)をしなくてはいけない」と考えているからだ。

 メ―ガンさんがそこまで頑なになるのは、王室時代に受けたひどい待遇に対して心からの謝罪がないと捉えているからに他ならない。自分がイギリスで批判の的になった時、王室は助けてくれなかった。故エリザベス女王がエドワード王子(60)の妻ソフィ妃(59)を相談役にすると提案したこともあるが、メーガンさんは「私にはハリーがいますから」ときっぱり断っている。「ソフィ妃ではなく、キャサリン妃こそ自分を助けるべきだ」と思っていたからだ。

著者プロフィールを見る
多賀幹子

多賀幹子

お茶の水女子大学文教育学部卒業。東京都生まれ。企業広報誌の編集長を経てジャーナリストに。女性、教育、王室などをテーマに取材。執筆活動のほか、テレビ出演、講演活動などを行う。著書に『英国女王が伝授する70歳からの品格』『親たちの暴走』など

多賀幹子の記事一覧はこちら
次のページ