メイン画像

20日(土)から来週半ば頃までは前線や低気圧の影響で西日本や東日本を中心に断続的に雨が降るでしょう。21日(日)と24日(水)頃は太平洋側ほど雨脚が強まりそうです。ゴールデンウィーク前半は、28日(日)と29日(月)昭和の日は広く晴れるでしょう。

雨の日が多い 強雨も

画像A

19日(金)はおおむね晴れますが、晴天は続きません。

20日(土)は前線や低気圧が近づき、九州や中国、四国で雨が降りだすでしょう。21日(日)は雨エリアが拡大し、九州から東海では太平洋側を中心に雨脚が強まりそうです。関東や東北南部も所々で雨が降るでしょう。

22日(月)はいったん雨は小康状態となりますが、23日(火)は九州から近畿で雨が降りだしそうです。24日(水)は前線上を低気圧が東へ進み、雨の範囲は東海や関東、東北、北海道まで広がるでしょう。低気圧が通過するタイミングで活発な雨雲がかかり、雨脚が強まりそうです。

ゴールデンウィーク前半 日曜日と昭和の日は晴れる所が多い

画像B

ゴールデンウィーク前半の27日(土)は本州付近は雲が広がりやすく、所々で雨が降るでしょう。28日(日)は東北で雨の残る所があるものの、九州から関東、北海道はおおむね晴れる見込みです。29日(月)昭和の日は九州から東北は広く晴れて、お出かけ日和になるでしょう。

30日(火)は多少雲は増えますが、晴れ間が広がりそうです。5月1日(水)は九州から近畿で雨が降るでしょう。沖縄は曇りや雨が続き、梅雨のはしりとなりそうです。

なお、「2週間天気」は後半ほど変わる可能性がありますので、最新の天気予報をチェックをしてください。

高温傾向 暑さ対策を

この先2週間は高温傾向が続きそうです。

最高気温は平年より高い日が多いでしょう。沖縄や九州から関東は25℃以上の夏日の日が多くなりそうです。北海道も27日(土)以降は20℃くらいまで上がるでしょう。

ゴールデンウィーク前半も汗ばむくらいとなりそうです。体がまだ暑さに慣れていない時期ですので、熱中症にご注意ください。こまめな水分補給を心がけましょう。車での移動が多くなる時期ですが、車は高温になりやすいので、いっそう注意が必要です。短い時間でも子供やペットを車に残すのはやめてください。