メイン画像

今日18日は、九州から近畿、北陸は次第に晴れますが、東海や関東は午後はあちらこちらで雨や雷雨になるでしょう。北海道も雨や雷雨の所がありそうです。昨日に続き「黄砂」にも注意が必要です。

西日本は次第に晴れ 東日本や北日本は所々で雨や雷雨 沖縄は激しい雨

画像A

今日18日は、九州や四国は朝まで所々で雨が降りますが、日中は天気が回復する見込みです。中国地方や近畿、北陸も次第に晴れるでしょう。

東海や関東甲信は湿った空気や上空の寒気の影響で、雲が広がりやすく、午後は所々で雨や雷雨になりそうです。東京都心など関東の沿岸部は帰宅時間帯も雨具が必要になるでしょう。

東北は日差しが届きますが、福島県では夕方以降は一時的に雨の降る所がありそうです。北海道は雲に覆われ、雨や雷雨の所があるでしょう。

沖縄は、前線の影響で大気の状態が非常に不安定になっています。午前中は雨や雷雨で、局地的に激しい雨が降りそうです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水、落雷や竜巻などの激しい突風に十分注意してください。

「黄砂」今日18日も広く飛来

画像B

今日18日も北日本から西日本にかけて広く黄砂が飛来し、影響が続くでしょう。

黄砂が自動車や洗濯物に黄砂などが付着し、汚れることがあります。晴れる所も洗濯物は部屋干しが安心です。車に黄砂が付着してしまった場合は、タオルやぞうきんで拭くと細かなキズをつけてしまうことがあります。高圧洗浄などの水洗いが効果的とされていますので、洗浄すると良いでしょう。

最高気温 昨日よりはダウン

最高気温は、昨日よりは低い所が多くなりそうです。

札幌市は14℃と昨日より5℃低くなるでしょう。それでも平年並みか高くなりそうです。東京都心は昨日より5℃低い21℃、名古屋市は昨日より4℃低い22℃、大阪市は昨日より3℃低い23℃と、季節先取りの暑さは収まるでしょう。一方、広島市や高知市、鹿児島市は25℃ほどで、汗ばむくらいの陽気が続きそうです。引き続き暑さ対策をなさってください。