ダイニングから和室はいつもモノでいっぱい/ビフォー

 5000件に及ぶ片づけ相談の経験と心理学をもとに作り上げたオリジナルメソッドで、汚部屋に悩む女性たちの「片づけの習慣化」をサポートする西崎彩智(にしざき・さち)さん。募集のたびに満員御礼の講座「家庭力アッププロジェクト®」を主宰する彼女が、片づけられない女性たちのヨモヤマ話や奮闘記を交えながら、リバウンドしない片づけの考え方をお伝えします。

【感動のアフター】片づけたら、自分も夫も仕事が上向いてきた

case.70 片づけで変わった自分の意識  夫+子ども3人+義両親/鍼灸師

 部屋はその人の心の状態を表す、といいます。散らかっているときは、何かよくないことを心に抱えているのかもしれません。心がそのような状態のときは、日常生活や仕事にも影響があるパターンが多いように思います。

 イライラして家族に当たってしまったり、仕事で失敗してしまったり……。何が悪いのか原因はよくわからないけれど、すべてうまくいかないということは多くの人が経験されているのではないでしょうか。

現状を大きく変えるために、心の状態を整えたい。

そう思うなら、まずは部屋を見直してみることをおすすめします。一つのきっかけになると思いますよ。

 ひとみさんは、まず家の中のごちゃごちゃをどうにかしたいとお悩みでした。もともと片づけは苦手で、家族7人で暮らす家はモノが多め。頑張って片づけても、すぐに元に戻ってしまいました。

 子どもが増えるとモノも増えて、床に出しっぱなしになっている状態が当たり前。夫が思い描くような、生活空間にモノがなくスッキリしている海外の家とは程遠い状態でした。同居している義両親は何も言わないけれど、「きっと散らかっていることを気にしているだろうな」と一人で思い込んでモヤモヤする毎日。

 昨年の春に実家をたたむことになり、取り急ぎ実家の荷物を自分の家に持ってくることになると、モノの量はさらに増加。どう片づければいいかわからないと途方に暮れているときに、家庭力アッププロジェクト®と出会いました。

著者プロフィールを見る
西崎彩智

西崎彩智

西崎彩智(にしざき・さち)/1967年生まれ。お片づけ習慣化コンサルタント、Homeport 代表取締役。片づけ・自分の人生・家族間コミュニケーションを軸に、ママたちが自分らしくご機嫌な毎日を送るための「家庭力アッププロジェクト?」や、子どもたちが片づけを通して”生きる力”を養える「親子deお片づけ」を主宰。NHKカルチャー講師。「片づけを教育に」と学校、塾等で講演・授業を展開中。テレビ、ラジオ出演ほか、メディア掲載多数。

西崎彩智の記事一覧はこちら
次のページ
隙間時間を使って夫も一緒に