ペルー公式訪問を終え、羽田空港に到着した秋篠宮家の次女佳子さま=23年11月10日

 秋篠宮家の次女、佳子さまが国際親善のため5月下旬にギリシャを訪問される方向で調整が進められていると、宮内庁が明らかにした。日本とギリシャは今年、外交関係樹立125周年にあたり、ギリシャ側から佳子さまに公式訪問の招待があったという。佳子さまがお一人での国際親善を目的とした海外訪問は今回で3回目。23年11月の南米・ペルー訪問のときの記事を振り返る。(「AERA dot.」2023年11月23日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】佳子さまペルーで見せた純白スーツの姫オーラはこちら!

*  *  *

 秋篠宮家の次女・佳子さまが、11月、ペルーを公式訪問された様子は、日本ではもちろん現地のメディアでも報じられた。そして、現地の人たちは佳子さまの様子をTikTokにアップしている。そういえば、宮内庁の広報室のSNSなどの発信強化はどうなった? 今回の佳子さまのTikTokに関して、象徴天皇制に詳しい歴史学者で名古屋大学人文学研究科の河西秀哉准教授に話を聞いた。

 ペルー南部の古都クスコにある世界遺産マチュピチュへの入り口に到着された佳子さま。佳子さまはガイドに一礼し、標高約2,450メートルの天空の要塞都市へ向かうゲートの前で、居合わせた人たちが向けたスマホにニコリと笑顔を投げかけた。

 佳子さまは、首をちょこんと横に傾け、微笑むというよりはくしゃっとした笑顔をスマホカメラに向け、マチュピチュへのゲートへと進んで行かれる。

 この様子は、短い動画をシェアできるSNS「TikTok」にアップされた、佳子さまのペルーでの姿だ。TikTokには、「#princesakako」(スペイン語でプリンセス佳子)のタグ付きで、現地の人たちがスマホで撮影したと思われるいくつかの動画がアップされている。

佳子さまは360度全方位にクルリ

 マチュピチュ以外でも、クスコのインカ帝国時代の太陽神殿「コリカンチャ」の石組みの上に建てられたサント・ドミンゴ教会を見学され、移動の車に乗り込むまでの様子も、スマホで撮影されていた。

 そのとき、佳子さまは、沿道に集まった人たちに手を振られていた。

サント・ドミンゴ教会から出てきた佳子さま。ここから車に乗り込むまでの様子がTikTokに投稿されている(写真:AP/アフロ)

 お手振りに集中して石段に気が付かなかったのか、護衛の警察官に目の前に石段があると伝えられたようだ。佳子さまは護衛の人に丁寧に頭を下げたあとも、手を振り続けられた。車のところまでくると全方位360度、クルリと回りながら手を振られていた。

次のページ
自然体な佳子さまの笑顔