メイン画像

来週のはじめまでは前線の影響で曇りや雨の所が多く、菜種梅雨となりそう。高温傾向が続き、九州から関東で最高気温が25℃以上の夏日の所も。多雪地域は、雪解けによる災害にご注意を。

4日(木)~10日(水) 雨の日多い お花見日和は?

画像A

明日4日(木)以降も本州付近には前線が停滞し、西日本や東日本は雨の降る日が多いでしょう。

明日4日(木)は、九州から東北では明け方まで雨の降る所が多いですが、日中は天気が回復に向かいそうです。5日(金)と6日(土)は前線が本州から少し離れるため、晴れ間の出る所が多いでしょう。九州から関東では、見頃の桜が楽しめそうです。

7日(日)以降は、前線が本州の南岸付近まで北上して、沖縄や九州から関東はぐずついた天気になるでしょう。低気圧が近づく9日(月)頃は、雨や風の強まる所がありそうです。全国で一番早く満開を迎えた高知など、桜が散り始める所も出てくるでしょう。

最低気温・最高気温ともに、全国的に平年より高い日が多い予想です。週末をピークに、北陸や東北、北海道も暖かい日が続きます。積雪が多い所では、雪解けによるなだれや土砂災害などにご注意ください。

11日(木)~16日(火) 快適な陽気 関東以西は夏日も

画像B

11日(木)以降は、しばらく晴れる日が続くでしょう。にわか雨の所はありますが、日中は季節先取りの陽気が続きそうです。北陸や東北は、お花見日和でしょう。

気温は平年より大幅に高い日もあり、九州から関東では、最高気温25℃以上の夏日になる所もありそうです。ただ、朝晩はヒンヤリして、日中との気温差が大きくなるでしょう。羽織るもので調節して、体調を崩さないようにしてください。