メイン画像

今日2日は、広く晴れて春爛漫。午前中は福岡、長崎、本で桜満開となり、仙台で桜開花と続々と桜の便りが届きました。日差しとともに気温が上昇中で、東海以西では20℃以上となり、九州・沖縄は午前中から夏日に迫る所も。明日3日~4日は広く雨で、5日、6日がお花見日和。

今日2日 各地で春らんまん 九州・沖縄で夏日の所も

画像A

今日2日(火)は、日本付近は高気圧に覆われて、広く晴れています。西日本を中心に南から暖かな空気が流れ込み、日差しとともに気温が上昇中です。

午前11時30分までの最高気温は、福岡市で21.3℃、鳥取市で22.4℃(今年最高)、大阪市と名古屋市で20.0℃と東海から西では午前中から広く20℃を超えてきました。東京都心で18.4℃、仙台市は15.0℃まで上がり、日差しが心地よく感じられる春の陽気となっています。

このあとも気温が上がり、九州から東北にかけて、平年をやや上回る暖かさとなるでしょう。九州では25℃を超える夏日になる所もありそうです。お花見には絶好の陽気の所が多いですが、桜が見頃の地域ほど、急な暑さにご注意ください。

桜の便りが続々と 九州や四国で見頃へ

画像B

今日2日(火)は、福岡、長崎、熊本で桜が満開となり、仙台で桜が開花しました。今年の桜は平年より遅い開花の所が多くなりましたが、仙台の桜の開花は平年より6日早く、昨年より7日遅い開花です。いよいよ桜前線はみちのく入りとなりました。

九州や四国では桜が見頃の所が増えてきました。東海や関東も7分咲きの所が増え、満開に近づいています。

明日3日~4日は広く雨 5日・6日は青空の下でお花見チャンス

画像C

関東から西は、今週末にかけて桜満開の便りが続々と届くでしょう。いよいよお花見が楽しめそうですが、この先1週間、前線や低気圧の影響を受けやすくなりそうです。

明日3日(水)から明後日4日(木)は、九州から東北は広い範囲で雨が降り、西日本ほど大雨となる恐れがあります。
5日(金)、6日(土)は天気は回復して、お花見日和の所が多くなるでしょう。関東は5日はまだ雲が多く、にわか雨に注意が必要です。

7日(日)以降、週明けは再び広く雨が降りますので、お花見チャンスは5日(金)、6日(土)となるでしょう。
お花見の計画は、前線や低気圧の動向に注意し、週間予報をこまめにご確認ください。