メイン画像

今日2日は日中は晴れる所が多いでしょう。西日本では初夏の陽気になる所も。ただ、今夜~明日3日にかけては西日本を中心に警報級の大雨となる可能性があります。

2日 広く高気圧 日中は各地で晴天

画像A

今日2日は、本州付近は高気圧に覆われる見込みです。

北海道は午前中に雪や雨の所がありますが、午後は天気が回復しそうです。東北~中国、四国は日中は広く晴れるでしょう。引き続き空気の乾燥する所が多いので、火の取り扱いにはご注意ください。広島や高知などは傘マークですが、雨が降り出すのは夜遅くなってからとなりそうです。

九州は天気が下り坂で、早ければ帰宅の頃から雨雲がかかるでしょう。

各地、明日3日以降は曇りや雨の日が多くなるので、洗濯など今日の日中の日差しを有効にお使いください。

西日本は初夏の陽気 九州では夏日も

今日2日は、西~東日本を中心に平年を上回る陽気となるでしょう。特に西日本は5月並みの所があり、九州では場所によって最高気温25℃以上の夏日になりそうです。

予想最高気温は、福岡市や本市などで25℃まで上がるほか、松江市は5月上旬並みの22℃となっています。広島市、大阪市、名古屋市、東京都心も20℃以上で、昼間は何をするにも快適でしょう。

北陸や東北も平年並みか高く、金沢市や仙台市などは15℃を超える見込みです。桜の開花前線もそろそろ東北へ進みそうです。

北海道は昨日1日より少し低く、札幌市で8℃と空気が冷たいでしょう。

今夜~明日3日 西日本で警報級の大雨か

画像C

今日2日の夜には九州に雨雲がかかり、長崎などでは激しく降る所もあるでしょう。

明日3日の朝には雨の範囲が西日本全体に広がり、九州では局地的に雷を伴った滝のような雨が予想されます。中国、四国や紀伊半島でも激しい雨の降る所があるでしょう。九州北部や中国地方、和歌山県は大雨警報発表の可能性が「中」レベルとなっています。

大雨をもたらす原因は西から延びてくる前線で、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込むため、活動が活発になります。大雨が予想される西日本では、道路が一気に川のようになったり、小さな川や用水路が短い時間であふれる恐れがあります。急な斜面の近くでは土砂災害にも警戒が必要です。