メイン画像

今日24日は、前線や湿った空気の影響で、雨の範囲が東へ広がります。九州は3月としては記録的な大雨になっている所もあり、昼前にかけて低い土地の浸水などに警戒を。最高気温は、前日より高い所が多くなりそう。

九州 3月としては記録的な大雨

画像A

今朝(24日)にかけては、前線が大陸から九州付近にのびて、長崎県や本県を中心に、3月としては記録的な大雨になっている所があります。

1時間降水量は、長崎県雲仙岳で61.5ミリ(午前4時12分まで)、熊本県天草市本渡で57.0ミリ(午前6時25分まで)と、非常に激しい雨を観測。また、長崎市では47.0ミリ(午前2時38分まで)、熊本市で41.5ミリ(午前4時2分まで)と、市街地でも激しい雨が降りました。いずれも3月としては観測史上1位の降水量で、同じような場所で発達した雨雲がかかり続けています。

九州は昼前にかけてが大雨のピークで、1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所があるでしょう。明日25日午前6時までに予想される24時間降水量は、福岡県・佐賀県で80ミリ、長崎県で120ミリ、大分県で100ミリ、熊本県で150ミリの予想です。低い土地の浸水や河川の増水・氾濫に警戒し、土砂災害、落雷や竜巻などの激しい突風にご注意ください。

雨雲 東へ広がる

画像B

前線や湿った空気の影響で、四国も雨が続くでしょう。局地的に雷を伴って激しい雨が降りそうです。中国地方は昼過ぎまで、近畿は夕方まで広い範囲で雨が降るでしょう。

東海や関東甲信は、日の差している所も天気が下り坂です。早い所では昼前から雨が降り出すでしょう。関東は南部を中心に、午後は雨が降りそうです。強く降ることはなさそうですが、お出かけの際は傘をお持ちください。北陸は雲に覆われて、にわか雨の所があるでしょう。

晴れるエリアは、沖縄や東北、北海道。日差しで気温が上がりそうです。

関東 寒さや和らぐ

画像C

最高気温は、昨日23日よりも高い所が多いでしょう。

沖縄は25℃以上の夏日になる所が多く、那覇は27℃と5月中旬並み。昼間は半袖で過ごせるくらいの陽気です。

九州や四国、中国地方は、雨のわりに気温が高く、高知は18℃まで上がるでしょう。近畿や東海は昨日より高いものの、2月並みの予想です。北よりの風が吹いて、気温よりも寒く感じられるでしょう。関東甲信、北陸は15℃前後の所が多くなりそうです。東京都心など、真冬のような寒さは解消されるでしょう。

東北と北海道は4月並みの陽気の所が多くなりそうです。朝晩と日中との気温差が大きくなるため、服装でうまく調節をしてください。

服装指数(上の図)は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案するものです。人により暑さや寒さの感じ方が異なりますが、服装選びの参考にしてください。