メイン画像

明日24日(日)は、九州で「非常に激しい雨」が降り、四国も局地的に「激しい雨」が降るでしょう。車の運転は視界不良や道路の冠水に注意。中国地方や近畿、東海も次第に雨の降りだす所があり、関東甲信も夜は所々に雨雲がかかるでしょう。

九州は非常に激しい雨や雷雨に

画像A

明日24日(日)は、前線が九州を通って本州南岸にかけて延びるでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定になります。特に九州や四国に発達した雨雲や雷雲がかかるでしょう。

九州は今夜遅くなるほど雨の降り方が強まり、明日はあちらこちらで土砂降りの雨となるでしょう。昼過ぎにかけては「非常に激しい雨」が降る所がありそうです。落雷や突風にご注意ください。また、車の運転は見通しの悪化や道路の冠水などに注意が必要です。
四国も断続的に雨で、昼前までは局地的にバケツをひっくり返したような「激しい雨」が降るでしょう。
中国地方も雲が広がりやすく、雨が降ったりやんだりしそうです。
近畿は昼前から再び雨の降りだす所があり、夕方にかけて傘が必要な所が多いでしょう。
東海や北陸は、午前中は日が差しますが、午後は雨の降る所がありそうです。
関東甲信ははじめ晴れますが、次第に雲が多くなります。夜は南部を中心に雨の降る所がありますので、お帰りが夜になる方は雨具をお持ちください。

非常に激しい雨って どんな雨?

画像B

非常に激しい雨は、1時間雨量が50ミリ以上~80ミリ未満の雨を表しています。これは、滝のように降る雨で、ゴーゴーと降り続くイメージです。また、傘は全く役にたたないレベルで、木造住宅の屋内では、寝ている人の半数くらいが雨に気づくほどです。外では水しぶきで、あたり一面が白っぽくなり、視界が悪くなるため、車の運転は危険です。

なお、1時間に50ミリの雨というのは、雨水が別の場所に流れず、そのまま、たまる状態だと、降った雨が50ミリの高さになるくらいです。1時間に50ミリの雨が、1平方メートルに降ると、50リットルの量になります。例えば、傘を開いた面積がおおむね1平方メートルなので、1時間、傘をさしていると、牛乳パック50本分もの雨が、傘にあたることになるのです。

ただ、実際は、まわりの雨水が集まると、その地点に降った雨の量よりも多く、水がたまることもあります。非常に激しい雨が降ると予想される所では、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水・氾濫に、十分ご注意ください。

日差し届くエリアは気温アップ

画像C

最高気温は、日中に雨が降る九州や中国、四国で今日と同じくらいか低くなるでしょう。15℃に届かない所もありそうです。
近畿や北陸は今日より高くなり、15℃前後の予想です。
今日、真冬の寒さとなった東海や関東甲信は今日より5℃から10℃くらい高くなり、厳しい寒さは和らぐでしょう。
東北や北海道は広く晴れて、4月並みの陽気となりそうです。