DJ松永(左):1990年生まれ、新潟県出身。DJ。2019年、ロンドンで開催されたDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019で優勝/R-指定:1991年生まれ、大阪府出身。ラッパー。ULTIMATE MC BATTLE全国大会で2012~14年、3連覇を果たす[撮影/蜷川実花、hair & make up 藤井陽子、styling 鹿野巧真、costume CULLNI、CINOH、NUMBER(N)INE、SLICK(すべて表紙も)]
DJ松永(左):1990年生まれ、新潟県出身。DJ。2019年、ロンドンで開催されたDMC WORLD DJ CHAMPIONSHIPS 2019で優勝/R-指定:1991年生まれ、大阪府出身。ラッパー。ULTIMATE MC BATTLE全国大会で2012~14年、3連覇を果たす[撮影/蜷川実花、hair & make up 藤井陽子、styling 鹿野巧真、costume CULLNI、CINOH、NUMBER(N)INE、SLICK(すべて表紙も)]

 8日放送の「ミュージックステーション」(テレビ朝日・金曜午後9時)にCreepy Nutsが出演する。Creepy Nutsが披露するのは、ストリーミング累計1億回再生を突破した話題曲『Bling-Bang-Bang-Born』。どんな盛り上がるパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみだ。そんなCreepy Nutsの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2021年10月4日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】蜷川実花が撮った!AERAの表紙を飾ったCreepy Nutsはこちら

*  *  *

 日本一のラッパーと世界一のDJのユニット、Creepy Nutsが、3年半ぶりのセカンドフルアルバム「Case」をリリースした。そこには、生々しく彼らの“リアル”が映し出されている。AERA 2021年10月4日号に掲載された記事で、2人に話を聞いた。

——9月、セカンドフルアルバム「Case」をリリースした。

R-指定:Creepy Nutsを組んでからのほとんど、成長、かまし、自己欺瞞、全部が出ているアルバムです。去年は、今のこの気持ちを書いとかなあかんって思うような出来事が結構あって、過去の自分のリリックや発言にもケリやけじめをつけないといけないのかな、というところから始めました。

ライトが羨ましかった

 今の状況はありがたいし、そこに大喜びしてる状況も書かないと嫌味やなって思う自分がいて。でも一方で、成功してビッグマネーでちやほやされて、が目標だったわけではなく、生活できようができなかろうが「とにかくラップをしたい」という気持ちが根本にあるので、戸惑い続けている自分もいる。アルバムを作り始めた時は、そういういろんな状態を言い切ろうとしてたんですけど、結局言い切れないですよね。いろいろな自分がおるんで。それを表現するには、ある程度の曲数のアルバムを作る必要があった。向き合う過程で、ちょっとしんどかった部分もあります。

DJ松永(以下、松永):しんどいゾーンに入ってるんだろうな、とは思っていました。歌詞に落とし込むのは難しいけれど、必要な時間だったと思います。

 曲作りの作業工程は、俺がシンプルな1ループを作って、Rにラップで自由に泳いでもらって、その後トラックに活かす。最初からガチガチに決めるより、自由に泳いでもらった方が想像以上のものになる手ごたえを散々感じてきたので。

 Rがあげてきたデモに、「俺はこう返そう」とトラックをガラッと変えて送ったり、サビ前のブリッジに水の音を入れたり、そういう球の投げ合いが醍醐味というか、二人のかまし合いが楽しいんです。

 Rのラップはリズムが複雑すぎて、俺も最初聞いたときは、どう複雑なのかさえわからないことがある。でも再構築していると、「こういうことがしたかったのか」と気付く。そして、そこに完全にハマるトラックが大体1個あるんですよ。トラックの細かい芸に一番気付いてくれるのはやっぱりRだし、作り方を通じてもお互いに進化しているなと実感します。

次のページ