メイン画像

あす5日~あさって6日にかけては低気圧や前線の影響で、西~東日本の太平洋側を中心に雨が強まり、局地的に大雨となる可能性も。また、関東などには冷たい空気が流れ込み、真冬のような寒さとなりそうです。

あす5日 西日本で朝から雨 九州南部は大雨警報の可能性も

画像A

あす5日は、前線が西日本に近づき、夜までには前線上に低気圧が発生する見込みです。

九州など早い所では今夜から雨が降りだし、あすは西日本の広い範囲で朝から雨が降るでしょう。特に湿った空気が強まる九州南部では雨の量が多くなり、鹿児島県には大雨警報が発表される可能性があります。大雨による土砂災害や川の増水などに十分ご注意ください。

東海や北陸にも昼頃には雨雲がかかり始めて、夕方以降は関東でも雨が降る見込みです。気温の低い関東北部や甲信地方の標高の高い所では雪になる恐れがあります。

一方、低気圧から離れている東北や北海道は日中は晴れ間の出る所が多くなりそうです。

あさって6日 東海~関東の平地は大雨か 山沿いは湿った大雪に

画像B

あさって6日は、低気圧がやや発達しながら東海~関東沖へと進んでくる見込みです。

雨の中心は東海や関東に移り、静岡県や千葉県などで特に雨が強まる恐れがあります。沿岸の地域では風も強く、横殴りの雨となる所もあるでしょう。冷たい空気が流れ込むため、関東北部や甲信地方などは湿った大雪となる恐れがあります。最新の気象情報と交通情報をしっかりご確認ください。

東北南部では平地でも湿った雪が降る見込みです。電線に雪が付着することで停電が発生することもあるため、十分な注意が必要です。

また、能登半島地震の被災地にも活発な雨雲がかかり、大雨警報が発表される可能性があります。土砂災害や浸水などには注意が必要です。

5日~6日 関東などは真冬の寒さ

あす5日~あさって6日は、本州の南岸を低気圧が進むことで、低気圧の北側の太平洋側には冷たい空気が流れ込む見込みです。

5日の予想最高気温は、広島市と大阪市で9℃、名古屋市で8℃と真冬並みの寒さ。東京都心も10℃と、暖かかったきょう4日よりも6℃くらい下がります。

6日の予想最高気温は、東京都心で8℃と真冬並み。雨と北風で一段と寒さが厳しくなるでしょう。厚手の上着やマフラーはもちろん、傘を持つ手が冷えるので手袋も欠かせません。3月になりましたが、まだまだ冬のアイテムが活躍しそうです。