英語学習コンサルタント セレンさん/31歳のときから学び始め、ほぼ独学で満点達成。英語学習コンサルタントとして指導した人は延べ2万人を超える(撮影/写真映像部・和仁貢介)

 英語スキルは転職や昇進、昇格の必須条件となりつつある。小学生で英語に触れた20代との差に戦々恐々とする諸氏に、30歳を過ぎてからTOEICスコアとキャリアを大幅にアップさせた人たちが、勉強法を明かす。AERA 2024年3月4日号より。

【写真】この記事の写真をもっと見る

*  *  *

 スキルアップのためにTOEIC学習に取り組むビジネスパーソンは多い。転職情報サイトdodaが22年、20~59歳の正社員男女を対象に行った調査では、「ビジネスシーンで役立つ資格・スキルを身につけるために、自分磨きを行っている/過去に行っていた」人のうち29.5%がTOEICに「興味がある・身に付けたい」、20.1%が「過去に取得した」と回答した。簿記やIT系資格、MBAなどを抑え、最多だった。

 都内の会社員、小川明美さんは去年4月の転職後、TOEIC学習を始めたという。海外事業も多数手がける上場企業への転身で、英語に触れる機会が格段に増えた。

 頼ったのが、グループ英語コーチングサービス「Gariben」だ。約3カ月のプログラムで、英語力が同程度の受講生約5人がグループとなり、コーチらと共にTOEIC100点以上のアップを目指す。月2回の講義以外はカリキュラムに沿った自己学習だが、メンバーは日々、勉強時間や成果を報告し合う。

会社員 小川明美さん/転職によって英語を使う機会が増え、学習を決意。グループコーチングで学び、3カ月で200点以上の大幅アップを達成した(撮影/上田泰世)

仲間と学ぶメリットも

「働きながらの勉強でモチベーションが下がる時期もありましたが、ほかの人がどれだけ頑張っているのかわかり、焦りを感じると同時に励みにもなりました。グループで学ぶ仕組みはとても合っていたと思います」

 自らに課した学習時間は1日1時間半。片道20分の通勤電車で単語帳を開き、昼休みに30分、寝る前に20分と細切れでも時間を確保した。3カ月を経て、スコアは455点から680点に。実際の英語力向上も実感しているという。

「仕事で英文を扱う際、かなり読みやすくなってきました。ただ、先日立ち会った関連会社の英語インタビューはほとんど聞き取れませんでした。まず700点、それからその先を目指したいですし、スピーキングにも挑戦したいと思っています」

 小川さんが取り組んだGaribenを監修した英語学習コンサルタントのセレンさんも、30歳を過ぎて学び始めたひとり。大学卒業後英語に触れることはなかったが、31歳のときの経験が大きかった。

著者プロフィールを見る
川口穣

川口穣

ノンフィクションライター、AERA記者。著書『防災アプリ特務機関NERV 最強の災害情報インフラをつくったホワイトハッカーの10年』(平凡社)で第21回新潮ドキュメント賞候補。宮城県石巻市の災害公営住宅向け無料情報紙「石巻復興きずな新聞」副編集長も務める。

川口穣の記事一覧はこちら
次のページ