メイン画像

今日21日の最高気温は、昨日より大幅に低くなるでしょう。北海道は真冬日、東北も5℃以下と厳しい寒さに。昨日は初夏の陽気となった関東も真冬並みの寒さになりそうです。

最適な服装は?

画像A

今日21日の最高気温は、北海道から中国、四国では昨日より大幅に低くなります。

北海道は、札幌市など含め広く真冬日(最高気温0℃未満)となるでしょう。朝晩も日中も厳しい寒さで、ダウンジャケットなどで万全な寒さ対策が必要です。

東北は、最高気温が5℃に届かず、震えるような寒さでしょう。太平洋側南部の平地でも大雪の恐れがあり、足元はスノーブーツなど滑りにくい靴が良さそうです。手袋やマフラーなども使って、しっかりと寒さ対策をなさってください。

北陸は、日中の気温が7℃くらいまでしか上がらず、冬のコートが必要になりそうです。

関東は、昨日の初夏の陽気から一転して、真冬並みの寒さです。東海や近畿、中国地方も最高気温は10℃を少し上回る程度でしょう。各地とも、冷たい雨となりますので、雨に濡れて体を冷やさないようにお気をつけください。撥水性のあるアウターがあると役立ちそうです。

四国や九州は、最高気温が所々で15℃以上となるでしょう。日中はジャケットなどで良さそうです。ただ、雨や雷雨で、雨脚が強まることもありますので、レインシューズや大きめの傘があると良いでしょう。

沖縄は晴れて、夏日が続く見込みです。朝晩は羽織る物が必要ですが、日中は半袖で過ごせそうです。

※服装指数は、朝晩や日中の予想気温からどのような服装が適しているか提案します。お出かけする時間帯に合わせて調節できる服装にしましょう。人により暑さや寒さの感じ方が異なるため、あくまで目安とお考えください。