メイン画像

今日15日は、九州から東北南部にかけて季節外れの暖かさが続き、南寄りの風が強まっています。今日は北陸地方に続き、関東地方でも「春一番」が発表されました。「春一番」の発表がある際には、特に花粉が飛散しやすくなります。このあとの外出時も花粉症の方は注意を。

今日15日 北陸地方に続き、関東地方でも「春一番」

画像A

今日15日は、発達中の低気圧が日本海を東北東進しています。九州から東北南部にかけて季節外れの暖かさが続き、南寄りの風が強まっています。
今日は、北陸地方に続き、関東地方でも「春一番」が発表されました。南風が強まり、気温が一気に上がっています。

「春一番」が発表に至るには一定の条件があります。
〇関東地方の春一番発表の条件
・期間 立春から春分までの間
・風速 南寄り(東南東~西北西)の風 具体的には東京で最大風速が8.0メートル以上
・気温 昇温した場合
・気圧配置 日本海に低気圧

「春一番」は「春の嵐」。関東地方では、南寄りの風が強まると、遠くのスギ林から大量の花粉が首都圏に流れ込んでくるため、花粉が生活圏に舞いやすくなります。今日15日午後も、花粉に敏感な方はサイズの合ったマスクを使用する、帽子をかぶるなど、万全な対策を行いましょう。

週末から更に花粉飛散量が急増へ

画像B

明日16日は今日15日に比べて、一気に気温が低くなりますが、花粉量は東京や福岡で「やや多い」でしょう。寒さが少し戻っても油断せずに、対策を心がけた方が良さそうです。

17日になると、福岡は更にランクアップし「多い」予想に。東京も18日から3日間連続で「多い」見通しとなっています。
2月下旬から順次、スギ花粉の飛散のピークに入る予想で、まもなくスギの最盛期に入りそうです。花粉症の方にとっては辛いシーズンが続きます。短い時間の外出でも油断をせずに、体内に花粉が入らないように工夫をしてお過ごしください。

花粉が飛びやすい条件

画像C

花粉が飛びやすい条件には、大きく3つあります。

① 「晴れて気温が高い日」
スギの雄花は気温が上がると花が開きやすくなります。さらに、晴れて気温が高い日は、上昇気流が発生しやすく、花粉が舞い上がりやすくなります。

② 「空気が乾燥して風が強い日」
湿度が高いと、花粉が湿気を吸って重くなるため、遠くまで飛びにくくなります。一方、空気が乾燥して風が強い日は、都市部から離れた森林からも花粉が飛んできやすくなるため、いっそう注意が必要です。

③ 「雨の翌日以降や気温の高い日が2~3日続いた後」
雨の翌日以降は、雨の日に飛散しなかった分と、その日に飛散する分が重なって、より多くの花粉が飛びやすくなります。さらに、雨で地面に落ちた花粉が舞い上がることもあり、いっそう飛散量が多くなるといわれます。また、気温の高い日が2~3日続いた後も花粉がより多く飛びやすくなります。

花粉症の方は、毎日の天気予報をチェックして、花粉に備えてください。