個性的なキャラクターを実写的に解釈し、ストーリーも大胆にアレンジしているが、「ONE PIECE」らしさが随所に散りばめられている/Netflixシリーズ「ONE PIECE」独占配信中 (c)尾田栄一郎/集英社

 原作が優れているがゆえに「減点」されがちな実写化作品。キャラクターの改変や再現しづらい独特の世界観に実写作品を厳しい目でジャッジするファンも多かった。だが昨今は、「ONE PIECE」や「キングダム」などビッグタイトルの成功例が相次いでいる。専門家は、どう見るのか。AERA 2024年2月19日号より。

【2人の専門家の「実写」評価を一挙公開! 採点はこちら】

*  *  *

 トレードマークの麦わら帽に、赤いシャツ。曇りのない笑顔をみせるのは、尾田栄一郎さんによる大人気漫画『ONE PIECE』の主人公、モンキー・D・ルフィだ。海賊「麦わらの一味」の船長で、海賊王を目指して大海原を航海する姿に多くのファンが夢中になっている。

 そんな同作がNetflixで実写ドラマ化したのは、昨年8月。全世界での累計発行部数が5億部を超えるヒット作の実写化、それもハリウッドでの制作ということも話題になった。

Netflixシリーズ「ONE PIECE」独占配信中 (c)尾田栄一郎/集英社

 世界が見たがる実写化作品が、いま増えている。日本の漫画やアニメが高く評価されている表れだが、ここにきてビッグネームの実写化が相次いでいるのだ。そこで今回、漫画やアニメ、映画に通じる専門家2人が忖度なしで評価。それぞれの魅力を語ってもらった。

 まずは、冒頭の「ONE PIECE」から。

「期待半分、怖さ半分で視聴しました」

 そう振り返るのは、アニメウォッチャーの小新井涼さん。同作は配信時点で単行本が106巻まで発売され、アニメシリーズでも1千話はゆうに超える。対して今回映像化されたのは、全8話。大海原を航海する海賊の世界をうまく描けるのか、キャラクターの魅力がどうなるのか、ファンのなかには不安を感じる人も多かったという。

Netflixシリーズ「ONE PIECE」独占配信中 (c)尾田栄一郎/集英社

93カ国でトップ10入り

「でも、実際に見て不安は吹き飛びました。アニメでいえば50話分ほどのストーリーを描いていたので、もちろんカットしている部分もあります。ただ、押さえるべきところはしっかり押さえられていました」

 世界観を忠実に再現しようという原作へのリスペクトも感じたという。

「原作の尾田先生が、納得できない内容であれば配信を延期するという約束もあったと明かしていました。原作者がしっかり監修しているからこそ、大胆なアレンジがあっても世界観がブレなかったのでは。まさに今後の実写化の理想形です」

著者プロフィールを見る
福井しほ

福井しほ

大阪生まれ、大阪育ち。

福井しほの記事一覧はこちら
次のページ
「2010年」が分岐点のワケ