壇蜜に続いて結婚を発表した橋本マナミ (C)朝日新聞社
壇蜜に続いて結婚を発表した橋本マナミ (C)朝日新聞社

福田麻貴(3時のヒロイン)&八木勇征(FANTASTICS)共演のドラマ「婚活1000本ノック」(フジテレビ・毎週水曜10時)の第5話が14日放送される。理想の相手に出会うまで婚活に励む売れない小説家の「南綾子」役の福田麻貴の好演が話題だ。南綾子の親友「おけけ」を演じる橋本マナミとの掛け合いも絶妙。そんな橋本マナミの過去の記事を振り返る。(「AERA dot.」2019年11月28日配信の記事を再編集したものです。本文中の年齢等は配信当時)

【写真】壇蜜を射止めた漫画家の清野とおるさん

*  *  *

 11月27日に結婚したことを自身のブログで報告した女優でタレントの橋本マナミ(35)。報道によると相手は1歳年下の医師で、2年弱の交際を経てゴールインだ。ブログでは「30代半ばになり、結婚を意識した時私のこれまでの人生も肯定しつつ、仕事を理解し将来を共に歩める素敵な方と出会いました」と綴り、今後も仕事を続けていくという。

 そんな橋本の結婚に対しSNS上を見ると祝福はもちろん「年下の医師なんて羨ましい!」と羨望の声も目立つ。橋本といえば、手ぬぐい1枚などの過激なグラビアで話題を集め、20代後半に“愛人キャラ”でブレイク。下積み時代は長かったがブレイク後は多数のバラエティに出演する他、女優としても活躍してきた。今回の結婚で「医者の妻」という肩書も手に入れた。セクシー路線でデビューしたタレントの中ではかなりの勝ち組と言えるが、なぜ上手にステップアップできたのだろう。

著者プロフィールを見る
丸山ひろし

丸山ひろし

埼玉県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し雑誌編集業務に従事。その後ライターに転身し、現在はウェブニュースや、エンタメ関連の記事を中心に執筆している。

丸山ひろしの記事一覧はこちら
次のページ
次の愛人キャラは誰?