芦田愛菜(写真:西村尚己/アフロ)
この記事の写真をすべて見る

 女優の芦田愛菜が、ドラマ「さよならマエストロ〜父と私のアパッシオナート〜」の演技で好評を博している。西島秀俊演じる指揮者の娘役で、ベテラン俳優にも引けを取らない演技の安定さをみせている。芦田といえば、有名大学に在学中で読書家としても知られる。ドラマを機に、その才女ぶりにあらためて注目が集まっている。(この記事は、1月29日に配信した内容の再掲です。年齢、肩書等は当時)

【写真】芦田のライバル? 人気急上昇中の「筑波大付属」出身の女性タレントはこちら

*   *   *

 1月スタートの「さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~」(TBS系)で、西島秀俊とのW主演が話題となっている女優の芦田愛菜(19)。これまで決別していた父親(西島)が突然帰国することになり、気まずい同居生活を送る娘という役どころで、市役所に勤務する20歳の女性を演じている。SNSでは、「芦田愛菜ちゃんが社会人の役をやっていることに驚きを隠せない」「お仕事をする役どころまでやる様になるなんて…」など、役の上でも成長したことに感動したという声が目立っていた。

 芦田が子役として活躍してきたことは誰もが知るところだが、昨年は慶應義塾大学法学部政治学科に内部進学したことで注目を集めた。また、芸能活動の方も7~9月に放送された「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」(日本テレビ系)で、7年ぶりに民放の連続ドラマに出演し、8月には「24時間テレビ46」(同)のチャリティーパーソナリティーを担当。1月に発表された「2023年~2024年の年末年始 TV-CM会社数ランキング」(エム・データ)では1位を獲得し、そして今回の連続ドラマ出演。大学生になった芦田は、テレビで見かける機会がグっと増えた。

「児童養護施設の子どもを演じて称賛された主演ドラマ『明日、ママがいない』から10年たった今でも演技力は健在。昨年の『最高の教師』では、人生2周目の高校生役を好演。1周目の人生ではイジメを苦に自ら命を絶ってしまうという役柄で、受けてきたイジメについて打ち明ける、約6分間におよぶ長ぜりふの号泣独白シーンも反響を呼びました。また、『24時間テレビ』では『ズームイン!!朝!』の『ワンポイント英会話』を担当していたアントン・ウィッキーさんとの、流暢な英語のやりとりも話題になり、ネット上でも、すかさず対応できる芦田の英語力に驚きの声が上がっていました。確かな演技力や聡明(そうめい)さといった芦田の魅力を存分に発揮しています」(テレビ情報誌の編集者)

著者プロフィールを見る
丸山ひろし

丸山ひろし

埼玉県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務し雑誌編集業務に従事。その後ライターに転身し、現在はウェブニュースや、エンタメ関連の記事を中心に執筆している。

丸山ひろしの記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
もうすぐ2024年パリ五輪開幕!応援は大画面で。BRAVIA、REGZA…Amzonテレビ売れ筋ランキング
次のページ
早起きして15分読書