NyAERA2024、猫愛をぎっしり詰めて発進です

 を愛するみニャさま、2024年も2月、丸ごとぎっしり猫だらけの別冊「NyAERA」の季節がやってきました。今年も全力で猫愛をお届けします!

【もっと見る】「NyAERA2024」には夢枕獏さん、三山凌輝さんも登場!

 表紙は岩合光昭さんが撮影した岩合家の玉三郎(タマ)。今回もどこかが光る特別仕様です。表紙のやわらかな手触りと強い目力、ぜひご堪能ください。

 巻頭特集は「相棒はスゴい猫」。備中松山城の猫城主さんじゅーろー、木山神社のまねき猫テン、シェアオフィス網島サンクの管理にゃん大ちゃん、のぐち道場のみゅーと&ぎる&らぐ、そば処大むらのペタ郎&コンちゃん、徳島応援隊のこよみ&タケル、引退場牧場のメト……個性豊かなスゴい猫たちが続々登場します。

「NyAERA2024」の巻頭特集「相棒はスゴい猫」には全国のスゴい相棒7組が登場します

 猫愛インタビューも全力で収載。Snow Manの佐久間大介さんは、保護猫喫茶を訪問。自身が元保護猫の愛猫ツナとシャチと暮らすことになったきっかけ、甘すぎる生活、猫から学んだことについて、猫と戯れながら、たっぷり語ってくれました。ツナとシャチとの日常はもちろんですが、佐久間さんと猫たちの交流にも注目。現場の猫たちはどう反応したのか――。衝撃の結果はぜひ本誌をお読みください。

次のページ