霜降り明星・粗品
この記事の写真をすべて見る

 少し前に、ギャンブルに夢中になって多額の借金を抱えている「クズ芸人」と呼ばれる人たちが注目されたことがあった。彼らは自らクズ芸人を名乗り、堂々とギャンブルの魅力を語ったり、人にお金を借りるコツなどについて解説したりしていた。

【写真】地上波で見ないのに「年収2億円」のお笑いコンビはこちら

 そんな中でも、霜降り明星の粗品はわが道を行く異色の存在だ。ギャンブルに惜しげもなく大金を注ぎ込み、膨大な額の借金を重ねるさまを、自身のYouTubeチャンネルで面白おかしくネタにしている。

 年始早々、そんな粗品の「善行」が話題になったことがあった。YouTube動画の中で、彼は新年早々、約2400万円の馬券を的中させたことを報告。さらに、その払戻金全額を石川県に寄付したことを発表した。

 粗品は馬券が当たったことを知らせる動画の撮影中、その場で石川県の公式ホームページを開き、能登半島地震災害の義援金の振込口座を調べて、迷わず入金を行った。ただのギャンブル中毒者だと思われていた芸人が、突然、巨額の募金を行ったことで、驚きや称賛の声が相次いでいる。

約1000万円のマイナスが

 その後に公開された動画では、寄付の際に競馬に注ぎ込んだ元本と払戻金にかかる税金を考慮に入れていなかった上に、払戻金の一部を別のレースですってしまったため、約1000万円の借金が増えることになったと報告していた。

著者プロフィールを見る
ラリー遠田

ラリー遠田

ラリー遠田(らりー・とおだ)/作家・お笑い評論家。お笑いやテレビに関する評論、執筆、イベント企画などを手掛ける。『イロモンガール』(白泉社)の漫画原作、『教養としての平成お笑い史』(ディスカヴァー携書)、『とんねるずと「めちゃイケ」の終わり<ポスト平成>のテレビバラエティ論』 (イースト新書)など著書多数。近著は『お笑い世代論 ドリフから霜降り明星まで』(光文社新書)。http://owa-writer.com/

ラリー遠田の記事一覧はこちら
暮らしとモノ班 for promotion
防犯・災害対策の準備はいかが?最大50%オフのAmazonの安全・セキュリティグッズ売れ筋ランキング
次のページ
もともと約1億円弱の借金も