タロウくん(提供)
タロウくん(提供)

 ペットはもはや大事な家族。読者とペットの愛おしい日常のひとコマをお届けします。今回の主役は、犬のタロウくんです。

【写真の続き】犬のタロウくんをもっと見る

*  *  *

「目が合ったんだ!」

 父が15年前、ペットショップで一目ぼれし、その日のうちにわが家に迎えたコーギーのタロウ(15歳、雄)。父は朝晩、散歩に連れていき、家の中ではいつも一緒。タロウは間違いなく父の一番の理解者でした。

 一昨年の秋、父が体調を崩しました。緊急入院となった父は「タロウの散歩があるのでいったん外出してから来ます」と本気でお願いしました。その後も入退院を繰り返し、とうとうタロウの散歩にも行けなくなりました。すると、今度はタロウが体調を崩し、肺炎を起こして入院することに。獣医師に今夜が山場と言われ、一時退院していた最愛の父に最後に会わせようと、父を連れて面会に行きました。

 酸素テントの中で、点滴をつなげられてぐったりしているタロウ──。父が「タロウ! タロウ!」と呼んだ瞬間です。ガッと立ち上がり「ワンッ、ワンワンッ!」と元気に鳴きだしたのです。

 お尻を振り、前脚でガラスをたたいて、父にこれでもかというくらい愛情を示しました。父には少し無理をさせてしまったけど、最期に会わせてあげられて、父もタロウも喜んでくれたかな、と思いました。

 次の日、動物病院から電話がありました。「タロウちゃんですが……肺がキレイになりました! 回復しています!」

タロウくん(提供)
タロウくん(提供)

 信じられない連絡でした。やがてタロウは無事に退院。「重い肺炎からここまで回復したのは奇跡」と言われました。

 それから1カ月、父は亡くなりました。最期の力でタロウに少しだけ命を分けてあげたのかな。

 あれから1年。タロウは時々寂しそうな顔をしますが元気いっぱいです。(神奈川県横須賀市/45歳/会社員)

【原稿募集中!】

「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。

原稿は800文字程度で、ペットのお写真(2枚までOK)を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。

必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナー(外部配信含む)と「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。

mypet@asahi.com

※著作権は本社に帰属します

週刊朝日  2023年4月7日号