AERA 2024年1月1ー8日合併号より

 ガザ、ウクライナ、スーダン……。世界中で、戦争や紛争が起きている。核の脅威も高まる中、平和のため何をするべきか。2024年は、英知を結集しなければいけない。AERA 2024年1月1-8日合併号より。

*  *  *

 核の脅威も高まっている。

 ウクライナに侵攻したロシアは「核の脅し」をちらつかせ、イスラエルでは閣僚がガザへの核兵器使用の可能性を「選択肢の一つだ」とする発言もした。

 1万2520発──。

 地球上に存在する核弾頭の数(推定)だ。23年6月、長崎大学核兵器廃絶研究センター(RECNA、レクナ)が公表した。最も多いのはロシアで5890発。次いでアメリカ(5244発)、中国(410発)と続く。

 前年比200発の減少となったが、RECNAの鈴木達治郎教授(核軍縮・不拡散政策)によれば、配備されいつでも使える「現役の核弾頭」はこの5年間で約300発増えたという。

「中国とロシアで最も増えています。2000年代に入りアメリカが通常兵器の拡大を進め、この脅威に対抗するため抑止力として核戦力を強化するようになっていきました」(鈴木教授)

 もしも核兵器が使われたらどうなるのか。RECNAは23年3月末、北東アジアで核兵器が使用された際の被害について、米韓のシンクタンクと共同で行った五つのシミュレーションを公表した。その結果、例えば、東京でテロが起きた時は1発の小型核兵器で22万人、米中が対立した時は両国合わせ24発の核が使用され260万人が亡くなるなどが明らかになった。

 鈴木教授は、「シミュレーションを通し三つのリスクが見えてきた」と話す。

「まず、意図せざる使用のリスクです。今回、核兵器が使用されうる30のケースを想定しましたが、その約半分は計画的ではなく偶発的、つまり意図しない結果、核兵器を使ってしまうケースでした」

 背景には「誤解とコミュニケーション不足がある」と言う。例えば、北朝鮮が戦争を始めるつもりはなく、アメリカの注意を引くため小型の核兵器を韓国の軍事基地に撃ち込む。ところが、アメリカは相手の意図がわからないうちに報復として北朝鮮に核兵器を使う──。この場合、最終的な犠牲者は4万人に上る可能性があるという。

著者プロフィールを見る
野村昌二

野村昌二

ニュース週刊誌『AERA』記者。格差、貧困、マイノリティの問題を中心に、ときどきサブカルなども書いています。著書に『ぼくたちクルド人』。大切にしたのは、人が幸せに生きる権利。

野村昌二の記事一覧はこちら
次のページ